無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

255
2021/09/26

第11話

🖤
俺はもう限界だった
真奈からの暴力で心も体もボロボロ
大我と話したい
大我と一緒にいたい
気づけば頭の中はずっと大我でいっぱいだった
でも,大我を守るために我慢し続けた
真奈と2人の帰り道,地獄でしかない
人気の少ない所でいつものように蹴られて殴られた
でも今日はいつも以上に傷が痛くて,いつもは早く帰るのに今日はすぐに立ち上がれそうになかった
北斗
北斗
はぁはぁ
大我に会いたい…
きっとその願いが通じたのだろう
北斗
北斗
はぁはぁはぁ、はぁ
大我
大我
え!?北斗
大我
大我
大丈夫?
大我が俺の目の前に現れた
大我はすぐに俺に駆け寄ってくれた
嬉しかった
今すぐにでも抱きしめたかった
でも,真奈が大我に何をするかわからない
北斗
北斗
大、丈夫、だから…
北斗
北斗
はぁ、俺から離れて…
北斗
北斗
ほっといて…
こうするしかなかった
大我に近づけない…
辛い…
なのに…
大我
大我
ほっとけるわけないでしょ?
大我
大我
とりあえず、俺ん家の方が近いから俺ん家行くよ!!
大我は俺から離れなかった