無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

318
2021/10/02

第16話

💗
北斗に連絡を入れ,◯◯公園にいると言われた
懐かしいな
小さい時,ずっと北斗と遊んでいた場所
公園に着くとベンチに北斗が座っていた
大我
大我
北斗…
北斗
北斗
大我…
ちゃんと自分の気持ち伝えなきゃ
そう思っていてもなかなか言葉が出てこない
すると…
北斗
北斗
俺、真奈と別れた
大我
大我
そう、なんだ…
北斗
北斗
ちゃんとけじめつけてきた
大我
大我
そっか…
北斗
北斗
それで、話って?
大我
大我
あ、えっと…
俺もジェシーと別れた
北斗
北斗
え…?
大我
大我
やっぱり俺は北斗の隣にいたいから…
ギュッ
大我
大我
ほく、と?
急に北斗に抱きしめられた
北斗
北斗
ごめん…
大我
大我
え?
北斗
北斗
大我の気持ちに気づいてあげられなかった…
大我
大我
そんなの、気にしてないよ?
北斗
北斗
でも、俺は大我の気持ちだけじゃなくて自分の気持ちにも気づいてなかった…
北斗
北斗
大我への気持ちを幼なじみっていう言葉で蓋してた…
北斗
北斗
遅くなって、本当にごめん…
大我
大我
嬉しかったよ?
北斗
北斗
え?
大我
大我
ずっと前から好きだったのかもって言ってくれたこと
ゆっくり北斗と体が離れ目が合う
北斗
北斗
もう離れない
北斗
北斗
何があっても絶対に大我のことを守る
北斗
北斗
大我が嫌だって言っても絶対離れたりしないから
北斗
北斗
だから、俺と付き合ってください
大我
大我
俺も、北斗に何を言われたって絶対離れない
大我
大我
だから、よろしくお願いします
北斗
北斗
大好き
大我
大我
俺も
すると,北斗の大きな手がゆっくり俺の頬に触れる
チュッ
優しく触れた北斗の唇は熱くて、ほのかに甘かった…