無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

131
2021/09/20

第2話




도영
도영
僕も専属マネージャー欲しいなー







you
you
え、





それはドヨンが放った一言。




”専属マネージャー“




なりたい……!




なりたすぎる…!



たまたまマネージャーのことは調べたりしたから分かる。



you
you
頑張ったらなれるのかな……



you
you
確か、マネージャーになるには、…



色んなことをしないといけないらしい…!↑知ってるんだけど説明がめんどくさいの…
you
you
半年あればいける…!


そして、マネージャーになることを決心した。










__半年後






何とかなれたマネージャー。




今は精神を保つのに集中してる。


??
ほんとに専属マネージャーできたんですか!?



誰か来た…


ここで待機しててって言われたからいるけど、、
??
どんな子なんだろー?



その瞬間扉が開いた。
??
おっ.
??
初めまして.
??
僕、キムドヨンです.




その時、私はどんな顔をしていたんだろう。
you
you
ぁ、は、はじめまして、
you
you
今日からドヨンさんのマネージャーを担当します…
you
you
パクあなたです.よろしくお願いします.



どんな反応をしてくれるのか期待してた。




なのに、出た言葉は。



도영
도영
えー、こんな子が僕のマネージャーなんですか?




……はい?










嗚呼、きっとトゥメの人達は知らないんだろうな。
ファン名





こんな人だったなんて……。




天使で可愛いのには変わりないんですけどね…!