無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

102
2021/10/02

第4話




도영
도영
……で、ここが僕の部屋です !
you
you
ありがとうございます… !




ドヨンさんの部屋だけを教えてもらうのかと思ったら



宿舎の全ての場所を教えてもらいました。



なんで全部教えるんだろ。

도영
도영
覚えれそうですか?
you
you
あー……が、頑張りますね…
도영
도영
ㅎㅎ何かあったら言ってくださいね
you
you
ありがとうございますっ



はぁ。やっぱり推しはすごい人だ。





そのまま練習室に移動した。



도영
도영
あっ、メンバーと練習してくるので自由にしててください!
you
you
わ、わかりました。
도영
도영
じゃ、また後で〜!





行っちゃったー



自由にって……
??
あれ〜?新人ちゃん?
you
you
え、あ、は、はい。
??
ㅎそんなにテンパらないでよ〜
??
私はチョンアリンだよー!
you
you
よ、よろしくお願いします…
아린
아린
あなたちゃんはドヨンくんのマネなんだね?
you
you
なんで私の名前を、?
아린
아린
えっ、知らない?
아린
아린
みーんな知ってるよ?
you
you
みんな?
아린
아린
なんならメンバーも。
you
you
そ、そうなんですね…
아린
아린
あ、私はマネージャーしてるけど、専属じゃなくて、
아린
아린
メイクを主に担当してるんだよ
you
you
あ、そうなんですか
아린
아린
よく新人ちゃんのそばに登場する、他のマネって、
아린
아린
大体悪役じゃない?
you
you
アニメとかだったら悪役ですね…ㅎ
아린
아린
私はそんなんじゃないよ!?
you
you
ㅎㅎ
아린
아린
よしっ、じゃあ私行かなくちゃ!
아린
아린
また何かあったら言ってね!
you
you
はいっ
아린
아린
じゃあね〜




マネージャーって、車運転したり、メイクしたり、



海外でのライブにもついて行くし、←当たり前です。




給料は少ないからこれからやって行けるか不安があるけど、



いいスタートラインに立てたと思う……。


you
you
これからどんなことが起こるかな〜
you
you
あ、挨拶とかしないと、



今日もまた頑張ります。