無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

119
2021/09/23

第3話





도영
도영
あなたさんはあの放送で僕のマネージャーになりたいと思ったんですか 、?




さっきの口調とは全く違っていた 。

you
you
はい.そういうことです
도영
도영
………


도영
도영
あの、さっきはすみませんでした.



急に口を開いたかと思えば謝ってくれた 。



確かにあの言い方は酷かったけど……ㅋㅋ




愛する人に謝られるのは少し 、胸が痛くなる 。

you
you
い、いえっ.





どうしよう。何を話したら……
도영
도영
あなたさんは何歳ですか?
you
you
あっ、私は今24です.
도영
도영
わぁ。僕よりも6つ上だ……
you
you
すみません.もっと歳の近い人が良かったですよね.
도영
도영
大丈夫です !僕、ヌナの方が好きなんですよ !
勝手に年上の方が好きって決めました。はい。
you
you
///




スタッフ『失礼します…宿舎の方に移動しますか…?』

도영
도영
はいっ!じゃあヌナも連れていくので先行ってて下さい!




スタッフ『ヌナ……?分かりました』











ヌナだって。ヌナ。




もう超可愛い……



귀여워……



도영
도영
じゃあ行きましょう!ヌナっ!
도영
도영
僕が案内します!
you
you
えっ、あ、はい!