無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

月末審査
レッスン室にはたくさんの練習生がいる。


まだヤン社長は来てない。



数分後


ガチャ

レッスン室の扉が開くと同時にみんな立った
全員
アニョハセヨ
ヤン社長
ヤン社長
アニョハセヨ。さ、始めましょう
どんどん順に呼ばれダンスをして、歌って、ダメ出しされて見てるこっちも泣きそうになる
スタッフ
あなたさん。
あなた
はい
ヤン社長
ヤン社長
……
あなた
よろしくお願いします
〜♪♪
あなた
ありがとうございました
全員
……
ヤン社長
ヤン社長
…そうだね。ダンスは悪くない。けど、韓国語がまだ全然出来てないし、日本特有の訛りがあるから直そう。次、できてることを期待するよ
あなた
はい
ヤン社長
ヤン社長
以上
あなた
ありがとうございました
 
HIROさん以上に存在感が大きい。


言ってることは何一つ間違ってないのにモヤモヤが残ってしまう


日本以上に韓国で残るのは大変そう




食堂
BLACKPINK
どうだった?
BLACKPINK
怖かったよね〜よく頑張ったよ
BLACKPINK
(。-ω-ヾ(>᎑<`๑)
あなた
オンニ、韓国語教えてください
BLACKPINK
なんて言われたの?
あなた
歌が日本特有の訛りがあるから直そうって。
BLACKPINK
あ〜
BLACKPINK
いいよ!
BLACKPINK
一緒に頑張ろ!
あなた
ありがとぉ!オンニ〜(><)
BLACKPINK
(。-ω-ヾ(>᎑<`๑)