無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第44話

撮影
今日はSECONDとジヨンと撮影がある。


最初はジヨンからだけどまだ来てない
ケンチ
ケンチ
おはようございます
スタッフ
おはようございます
先にSECONDが到着した


SHOKICHI
SHOKICHI
おはよあなた。
あなた
おはよ。
しばらく喋ってるとカタコトの日本語が聞こえた
ジヨン
ジヨン
よろしくおねがいしましゅ
あなた
おはよ。
ジヨン
ジヨン
おはよチュッ
TETUYA
TETUYA
どうも
AKIRA
AKIRA
うちの妹がご迷惑おかけしました
ジヨン
ジヨン
こちらこそしゅみませんでした。
SECONDのみんなに頭を下げてメイクに向かった
ケンチ
ケンチ
いい人だね。安心した
あなた
うん。いい人だよ。とってもね
スタッフ
すみません。少しトラブルが発生したので撮影遅れます
全員
はい
ジヨン
ジヨン
あなたおいで
ジヨンの膝に座って目を閉じた
ジヨン
ジヨン
おやすみチュッ
あなた
Zzz… _(*´﹃`*_    )_
ジヨンマネ
ジヨンマネ
……
ジヨン
ジヨン
何?
ジヨンマネ
ジヨンマネ
今置かれてる立場を考えた方がいいと思って
ジヨン
ジヨン
またかよ。その言葉聞き飽きた
ジヨンマネ
ジヨンマネ
どこ行くつもりだ?
ジヨン
ジヨン
静かなところに
ジヨンマネ
ジヨンマネ
あなたは置いていけ
ジヨン
ジヨン
はぁ…この手離していいの?
マネージャー
マネージャー
やめて。少しでいいからあなたを寝かせてあげて
啓司
啓司
もしかして寝てないの?
マネージャー
マネージャー
ジヨンくんと別れてからはほとんど。朝方まで飲んですぐ起きて仕事だから。自分で起きるかジヨンくんに起こされないと機嫌が悪いっていうか泣いちゃって…活動休止した方がいいんだろうけどそうもいかなくて
ネス
ネス
そんなことになってたのか…
ジヨン
ジヨン
(手を離す
あなた
ん…ジヨン…行かないで…
ジヨン
ジヨン
どこにも行かないよ。俺も寝るだけ
2人でソファーに横になって眠りについた
ジヨンマネ
ジヨンマネ
はぁ…
マネージャー
マネージャー
お互い疲れてますね
ジヨンマネ
ジヨンマネ
ジヨン、毎日家に帰らないから。こんなとこいたって虚しいだけだって
マネージャー
マネージャー
あなたもです。毎日暴れて止められません
ジヨンマネ
ジヨンマネ
早く兵役が終わればいいんだけどな…
TETUYA
TETUYA
(毛布をかける
ジヨン
ジヨン
ありがとうございます
AKIRA
AKIRA
寝てなかったの?
ジヨン
ジヨン
俺はいいです。この時間を大切にしたいから
啓司
啓司
あなた、どんな感じなの?ジヨンくんは毎日どうしてるの?
ジヨン
ジヨン
あなたは…泣いてるって…俺が泣かせてるようなもんだけど…
ノアが通訳してくれてる
ジヨン
ジヨン
俺はクラブで飲んでるだけです。何もする気が起きなくて…
ずっとあなたの頭を撫でながら少し悲しい顔で話してる
あなた
ジヨン…泣
ジヨン
ジヨン
( * ॑꒳ ॑*)۶"ナデナデ
スタッフ
すみません。準備出来ました
ジヨン
ジヨン
あなた、起きて。撮影するよ
あなた
ん…
ジヨン
ジヨン
ポッポ。
あなた
チュッ…サランへ
ジヨン
ジヨン
ん。俺も
ソファーから起きてメイクを直してスタジオに向かった
ケンチ
ケンチ
プロだわ
AKIRA
AKIRA
ああ。ほんとにな…