無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

一覧へ

第2話

1*図書室の居眠りさん
───…春。
ひらりふわりと桜が舞う。



─星華高等学校─

その建物は、私を見下ろすようにたたずんでいた。


息をのみ、深く深呼吸をすると、結衣は背筋を伸ばし門をくぐった。




*




生徒玄関に入ってすぐ、誰かが肩を叩いた。
平岸 つぐみ
結衣っ!
つぐだ。

本名、平岸つぐみ。
ボブカットが似合う、元気が取り柄な女の子。
ただし、涙脆くて喧嘩っぱやいのが難点。

友達はいても、心友(親友)と呼べるのはつぐみだけ。
平岸 つぐみ
おはよ!
仲間 結衣
おはよー!
ついにきたね!!
平岸 つぐみ
きちゃったね!
クラス見た?
仲間 結衣
ううん、まだ。
同じだといいなぁ…
大きく張り出されたクラス表。


《1年3組 仲間結衣》

のすぐうしろに書かれた、

《1年3組 平岸つぐみ》

の文字。
仲間 結衣
あ、あった…
同じだよ!ねえつぐ…ってえぇ!!
横でボロ泣きするつぐみ。
仲間 結衣
つぐ~もうヤダな~
平岸 つぐみ
だって嬉しいんだん!
私も嬉しい。

離れちゃうのは絶対嫌だったから。
これは神様に感謝しないと。




*




10時前に始まった入学式も、ぽかんとしてたらあっという間に終わった。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

続きはまだありません

この作者の他の作品も読んでみよう!

花織ゆた
花織ゆた
魔法のiらんどでちょこっと小説書いてます☺️ 超初心者なので更新は🐮牛🐮モードです よろしくお願いします😊
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る