無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第19話

13話
222
2022/05/24 12:14


放課後




スニョン
スニョン
よーしっ!
スニョン
スニョン
コンビニいこ!
u
u
なんでよ
スニョン
スニョン
食べ物がないと集中できないぃ
u
u
もう、早く行くよ
スニョン
スニョン
はーい





お菓子パーティーでもするのかと言うくらいのお菓子を買った
まぁ、美味しそうだからいいけど











一仕事終わったようにふぅと汗を拭く仕草をした





u
u
勉強時間なくなるよー?
スニョン
スニョン
走って帰りましょう!!!!



は、はぁ!?



意味わかんない
なにこの人
























u
u
はぁはぁ
u
u
つかれたぁあぁ
u
u
なんで息切れしてないんだよっ


オッパの腕を軽く殴った 
痛いって言いながらもヘラヘラ笑っている












あれ??

u
u
スンチョリオッパ家にいない…
スニョン
スニョン
ほんとだーー
スニョン
スニョン
遊べんじゃんっ
u
u
いやいや
u
u
勉強するんでしょ!
スニョン
スニョン
あっ、そうだった



































三時間後


スニョン
スニョン
ねーねー
スニョン
スニョン
スニョねー?眠たいんだよねえ
u
u
あっそ
スニョン
スニョン
ねーむーい
u
u
うーるーさーいー
スニョン
スニョン
Zzz……
u
u
え、ちょ
u
u
寝るなっ!
スニョン
スニョン
やーだ
スニョン
スニョン
ねるの



ハムスターというよりは子犬みたいなスニョンオッパ



なんか、かわいいけど






めんどくさい



u
u
もう、
u
u
ベッド貸すから
スニョン
スニョン
んー
u
u
早く寝な
スニョン
スニョン
ん"ー
唸り声で返事をしながらベッドへとことこ歩きだした











スニョンオッパは私のベッドでスヤスヤと気持ち良さそうに寝ている



どういう状況よ

勉強もしてないし!


















スンチョル
スンチョル
ただいまー


あ、オッパ帰ってきた!




私は急いで階段を降りた
u
u
おかえり~!オッパ~!
スンチョル
スンチョル
この靴スニョアのじゃね?
u
u
うん、そうだけど?
スンチョル
スンチョル
なんでスニョアいんの!?
u
u
勉強したかったらしい
スンチョル
スンチョル
したかったって?
u
u
そう
u
u
寝てんのよ
スンチョル
スンチョル
は、
スンチョル
スンチョル
どこで
u
u
私のベッド
スンチョル
スンチョル
マジか…
スンチョル
スンチョル
スニョア…ちょっと甘かったろ、
u
u
やっぱそうなの?
スンチョル
スンチョル
そう、なんかあいつ眠かったら甘えてくんだよ…







もうちょっと早く帰ってこればよかった…やらかした…といいながらオッパは頭をわしゃわしゃかいた 








スンチョル
スンチョル
ちょっと叩き起こしてくるわ
スンチョル
スンチョル
ごめん、部屋入るな
u
u
いーよー



オッパは私の部屋へ入っていった

























next→