第7話

ダメだよ
29
2020/05/03 09:42


蘭side



相川蘭
相川蘭
離して



私の腕を掴む






大翔の手を振りはらった。




相川蘭
相川蘭
言っとくけど
私はあんたのこと好きじゃないから
相川蘭
相川蘭
私が本当に好きなのは…
相川蘭
相川蘭
大翔だからっ!
佐藤大翔
佐藤大翔
わかってるよ
相川蘭
相川蘭
えっ?
佐藤大翔
佐藤大翔
仲良さそうに二人で喋って
佐藤大翔
佐藤大翔
いつも一緒にいて
佐藤大翔
佐藤大翔
カップルみたいだった
相川蘭
相川蘭
大翔は本当に私のこと、好きなの?
佐藤大翔
佐藤大翔
うん
相川蘭
相川蘭
じゃあ、何で?
相川蘭
相川蘭
可愛い子なら、他にいっぱいいるし
相川蘭
相川蘭
あんたなら、もっといい彼女できると思うよっ!
相川蘭
相川蘭
なのに、何で!?
佐藤大翔
佐藤大翔
好きだったから…
相川蘭
相川蘭
えっ?
佐藤大翔
佐藤大翔
入学式の日から
佐藤大翔
佐藤大翔
ずっと、ずっと…
佐藤大翔
佐藤大翔
ずっと、好きだった
相川蘭
相川蘭
入学式の日から…
佐藤大翔
佐藤大翔
恋愛に興味ない俺が
佐藤大翔
佐藤大翔
初めて、頑張ってみようと思った
佐藤大翔
佐藤大翔
かっこよく見られるために
佐藤大翔
佐藤大翔
いっぱい努力した
相川蘭
相川蘭
大翔…
佐藤大翔
佐藤大翔
蘭を見たとき思ったんだ
佐藤大翔
佐藤大翔
「この人が、運命の人だ」って!
相川蘭
相川蘭
運命の人…
佐藤大翔
佐藤大翔
軽い気持ちなんかで付き合ったんじゃない!
佐藤大翔
佐藤大翔
本気で、本気でっ!!
佐藤大翔
佐藤大翔
好きなんだ。
相川蘭
相川蘭
ありがとう
相川蘭
相川蘭
そんなに私のこと思ってくれてるなんて知らなかった
佐藤大翔
佐藤大翔
蘭…
相川蘭
相川蘭
勝手にチャラい人ってイメージつけて
相川蘭
相川蘭
関わりたくないとか思ったりしてた。
相川蘭
相川蘭
だけど違った
相川蘭
相川蘭
ごめん
相川蘭
相川蘭
今まで酷いこと言ったり、避けたりして…
佐藤大翔
佐藤大翔
いいよ別に!!
相川蘭
相川蘭
でもね。
相川蘭
相川蘭
本当に好きにはなれない
佐藤大翔
佐藤大翔
相川蘭
相川蘭
さっきも言ったけど
相川蘭
相川蘭
私は大和が好きなの
相川蘭
相川蘭
それだけはわかっていてほしい
佐藤大翔
佐藤大翔
大和のことが好きでもいい
佐藤大翔
佐藤大翔
俺のこと、全然好きじゃなくてもいい
佐藤大翔
佐藤大翔
だけどいつかっ!
佐藤大翔
佐藤大翔
俺のこと、好きにさせてやる!
相川蘭
相川蘭
いいの?
相川蘭
相川蘭
傷付くよ!?
苦しい想いいっぱいするよ!?
相川蘭
相川蘭
それでも…いいの?
佐藤大翔
佐藤大翔
うん
相川蘭
相川蘭
優しすぎるよ
佐藤大翔
佐藤大翔
えっ?
相川蘭
相川蘭
ダメだよ…
相川蘭
相川蘭
そんな優しくされたら
相川蘭
相川蘭
苦しくなっちゃうよ…
佐藤大翔
佐藤大翔
蘭は、無理しなくていいんだよ
相川蘭
相川蘭
ありがとう
佐藤大翔
佐藤大翔
どういたしまして!





私たちは







目を合わせ笑った。



梅本桜
梅本桜
そーいうことかっ!
梅本桜
梅本桜
良いこと聞いたっ!







なんとかうまくいくだろう。












そう思った。













だけど、ある日から













運命の歯車は












狂い出した。












プリ小説オーディオドラマ