無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

3
2020/09/30

第4話

愚痴
kagura
kagura
皆さん聞いてくださいよー
私吹奏楽部なんですけど今日楽器を片付けようとした時パーカッションの道具が置いてあったんですよ!
それで同級生の男子に言おうと思ったんですけど
ドラムを鳴らしていて止まったのでまた言おうと思ったんですよ!
そしたら私がしゃべってるのにドラムを鳴らすんですよひどくないですか?
kagura
kagura
ほんとマジでうざいですこういう男子ってどうしたら治りますかね?
kagura
kagura
何かいいアイディアとかってありますか?
kagura
kagura
あっでも
なんかスッキリしました
kagura
kagura
あといつも見てくれている人ありがとうございます!!
これからも応援していただけるとうれしいです!!