無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第42話

40話 「実験室 ころんくん視点」
ころんsaid
目が覚めると、何か懐かしい匂いがする部屋に居た。
ころん(ヤンキー)
ころん(ヤンキー)
ここ…どこ……
さっきまでの記憶が思い出せない。

ガチャ
ころんの母
あら~♡起きたのね♡
ころん(ヤンキー)
ころん(ヤンキー)
ビクッ…………
顔を隠してる、多分お母さんだな。
ころん(ヤンキー)
ころん(ヤンキー)
母さん…??
ころんの母
母さんなんて、慣れなれしい事言わないで!
ころん(ヤンキー)
ころん(ヤンキー)
ご、ごめんなさぃ…ッ
ころん(ヤンキー)
ころん(ヤンキー)
ねぇ、ここ…どこ……ですかッ…………
ころんの母
あら、覚えてないのね。ここは実験室よ
ころん(ヤンキー)
ころん(ヤンキー)
実験…室…………
???
おい、ころんは起きたのか。
ころんの母
あら、今さっき起きたとこよ
ころん(ヤンキー)
ころん(ヤンキー)
だ…れ……
ころんの父
ははっ、俺はお前の父さんだよ。
ころん(ヤンキー)
ころん(ヤンキー)
父さ…ん……
ころんの父
そうだ、父さんだぞ。
ころんの母
ちょっと……
ころんの父
まぁまぁ、『最後の人生』なんだからさ
ころんの母
それもそうね。
は、こいつら何言ってんの?
僕が、今日…最後の人生……?
ころんの父
なぁ、ころん…見とけよ……
ころん(ヤンキー)
ころん(ヤンキー)
!  !  !  !  !  !
猫…なのか……
ころん(ヤンキー)
ころん(ヤンキー)
…死んでる……
ころんの父
そうだ、この死んだ猫にこの薬を打つと…
……にゃ~♡
ころん(ヤンキー)
ころん(ヤンキー)
生き返った……
ころんの父
まぁ、動物の生き返る薬なら簡単なんだが、人間は難しいからな…
ころんの父
それで、一応作ってみたんだ……
ころんの父
『人間用の生き返る薬』を…
ころん(ヤンキー)
ころん(ヤンキー)
それで、1回僕に死ねと?
ころんの父
あぁ、まぁ…この薬で生き返る保証はないがな
ころん(ヤンキー)
ころん(ヤンキー)
そんな事、言われて引き受ける訳ないでしょ
ころんの父
まぁ、そうなるな…
ころんの父
でも、うちには『遠井』が居るんだぞ?
ころん(ヤンキー)
ころん(ヤンキー)
はッッ……
ころんの父
遠井も昔は俺と一緒に実験をしてたんだ
ころんの父
遠井は人を救うためにこの研究員に入った。
ころんの父
でも、遠井は実験に参加しなかったんだ。『孤児なくせにッ』
ころん(ヤンキー)
ころん(ヤンキー)
…………
ころんの父
遠井は頭が良かったから、研究員には必要な存在だったのに……
ころんの父
でも遠井は、金と資料をとって逃げた。
ころん(ヤンキー)
ころん(ヤンキー)
と、遠井ちゃんッ……
ころんの父
なぜ逃げたかって?お前を助けるためだよッ……
ころんの父
だから、お前が生きてたから遠井は、逃げたんだ。
ころんの父
遠井が居たら、なにもかも成功していた
ころんの父
全部、お前のせいだ ! 死ね !  !
グサッ…
ころん(ヤンキー)
ころん(ヤンキー)
…あ……れ…痛くない…………
遠井あかね
遠井あかね
お"え"っ…か"はッッ……
ころん(ヤンキー)
ころん(ヤンキー)
あっ、遠井ちゃん……
僕は、どうして僕に傷がないのか。どうして、遠井ちゃんが前に居るのか一瞬分からなかった……
ころん(ヤンキー)
ころん(ヤンキー)
チラッ………… !  !  !  !  !
たった一瞬で空気が変わった。

倒れて血を吐いてる遠井ちゃんと真っ赤になった僕の手。
ころん(ヤンキー)
ころん(ヤンキー)
あっ…遠井ちゃんがッ……ポロポロポロポロ
遠井あかね
遠井あかね
大丈…夫よ………足に刺さった…だけ……ッ
ころん(ヤンキー)
ころん(ヤンキー)
遠井ちゃんッ…ごめんなさい……ポロポロ
ころん(ヤンキー)
ころん(ヤンキー)
きゅ、救急車ッ……ポロポロポロポロ
ころんの父
俺は、何も知らないからな!タッタッタッ
まさに、計画通りだ……
ころんの母
……ニヤッ))タッタッタッタッタッタッタッタッタッ
ころん(ヤンキー)
ころん(ヤンキー)
神様ッ……僕の命をあげるからッッ…グサッ
バン!
遠井せんせ~……
……は?
ころん(ヤンキー)
ころん(ヤンキー)
ポタッ…ポタッ……ポタッ…
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
舞 依
舞 依
ころちゃん…( ;∀;)
舞 依
舞 依
あと、2章?書こうと思う。