無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

2話 合コン
数日経過し...
××りりか
××りりか
こんにちは。
ムロツヨシ
こんにちは...
××りりか
××りりか
わたしは××りりかと言います。
今日は、よろしくお願いします
ムロツヨシ
いえ、こちらこそよろしくお願いします。
わたしはムロツヨシと言います。
ムロツヨシ
そこのカフェでも行きましょうか
××りりか
××りりか
はい
カフェに行って話をしながらお茶をした。
(飛ばし過ぎましたね)
××りりか
××りりか
今日は、ありがとうございました。
ムロツヨシ
いえいえ、こちらこそ
帰って行った...
ムロツヨシ
ハアーー
ムロツヨシ
(あまり話も続かないし、しっくり来ないな~)
ムロツヨシ
帰ろう...
トコトコトコ(歩いている)
ダンダンダン(誰か走ってきた)
○○
キャッ
ドンッ(ぶつかった音)
○○
すみません
ムロツヨシ
いえいえ
○○
それでは急いでいるので...
そう言ってどこかに走って行った
ムロツヨシ
ドキドキ(なんだ、この気持ちは...)
ムロツヨシ
もしかして、恋!?
------------キリトリ--------------------------------------------------
作者
どうも作者の白い猫です。
作者
少し短くなってしまいすみません。
作者
○○は、誰なのか!
作者
それは、今度!
作者
では、次回までさようなら~

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

白い猫
白い猫
初心者なのでおおめに見てください よろしくお願いします ちなみに箱推しですが特にゾムさん推しです。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る