無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

泣いてばっかだった
あなた

ねぇ……辛いよ。苦しいよ。

あなた

やだ……もう……耐えらんない……

あなた

やめて……

あなた

痛い……

私は親にバレないように親戚から虐待を受けていた
あまり聞かないでしょ?親じゃなくて親戚なんて……

うちは親より親戚の方が強かったんだ。
あ、そうだ!
あなた

逃げちゃえ!

こうして私は





家を出て、県も出た
あなた

着いたのは東京かぁ!

あなた

凄っ!

あなた

なんかやらないとなぁ

あなた

あ!最近はやりのYouTuberというものをやってみましょうかね!

幸い私はお金も持ってたし、
得意なことが多いから、やれる気がした!
あなた

なんて言って、家がない……

あなた

どしよ。さすがに……

あなた

まず、カメラとか必要なのかな?

あ、もちろん親にも言ったよ?
そしたらすぐ逃げろって言われて、お金たくさんもらってしまった……
あなた

なんか追い出された気分だよ……

あなた

あーやばい……泊まるとこ泊まるとこ……っと

ちなみに私の持ち物は
お金(財布)
スマホ
充電器
リュック
三日分の着替え
飲み物



だった
あなた

お金もしっかり管理しないと……

サーっ
あなた

……ん?

ポツポツ

ザー
あなた

へっ?雨!?

あなた

(やばいっ!!!!)

あなた

とにかく近くのアパートで、雨宿り!!!!

あなた

なんでここら辺なんもないんだろ……

なーんかUUUMって書いてある建物と、なんか広いおうち?アパート?が3棟くらい
あなた

うーむ?どっかで聞いたことあるような……

私は、月一で見れたYouTuberくらいしか知らないからわかんないんだけど……(虐待)YouTubeって……
あなた

雨止まないなぁ……着替え足りないかも……
( >д<)、;'.・ヘックシュン

うーん
なんか頭痛いし、世界が斜めに……
その時……




_( 」∠)_バタッ
???
???
うわぁっ!?誰?
あなた

(あなたも誰…?)

その瞬間。
私の視界は真っ暗になった
--------キリトリ線--------
作者
作者
どーもこんばんは!
作者
作者
作者こと、ホノボノ( ⁎ᵕᴗᵕ⁎ )❤︎です!
あなた

いやぁ第2弾!

作者
作者
良かったです!!!!
作者
作者
この話の場所とか家とかは全て私の妄想世界なのでお許しください
作者
作者
実在してない家とか沢山出てくるので、よろしくお願いします!!!!
それでは!
アデュー!