無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

905
2020/08/29

第2話

第1話
お兄ちゃん
タダイマ…
犬飼
おかえりーって
お兄ちゃんっ?!
どうしたの?
なぜ私がこんなにも驚いているかというと実はお兄ちゃん私立すとぷり学園に通っていて寮生活をしていたのだ
お兄ちゃん
あなた助けて…
犬飼
え?
お兄ちゃん
お兄ちゃんちょっと調子が悪くて高校行けないんだ…
だからお兄ちゃんの代わりに高校行ってくれー…
お兄ちゃん
もちろんそのままじゃダメだから男装していくんだ…
犬飼
え?やだよー
お兄ちゃん

そうだよな。゚(゚´Д`゚)゚。
やだよな…じゃぁーお兄ちゃん学校やめてくる…
ゴホゴホ
犬飼
それはダメーっ!
わかった!行くよっ!
私はお兄ちゃんのために行くっ!
お兄ちゃん
本当か?
ありがとうあなた
お兄ちゃん
(これで留学は間逃れたな
よかったー…ってことで寝よ)