無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

44
2021/02/14

第21話

手紙
美麗
美麗
あ、そうだ!
晴人
晴人
なに?




美麗がカバンから手紙を取り出した。





美麗
美麗
これ、あの人からなんだけど
晴人
晴人
あの人?ひょっとして彼?
美麗
美麗
そうなのよ




俺は、とにかく手紙を受けとった。




晴人
晴人
…俺に?
美麗
美麗
そうみたい
晴人
晴人
…美麗は読んだの?
美麗
美麗
ううん。なんかね、わたしは読んじゃダメみたいだから、未開封笑
晴人
晴人
え、なんやそれ笑
まぁ、でも分かった。読むわ笑
美麗
美麗
うん。笑…わたしお風呂入ってくるね?笑
晴人
晴人
うん。






美麗はお風呂へ行った。








リビングには俺1人。







俺宛に手紙って…なんか変に緊張して







手汗が半端じゃない…






俺は、シールを外して








手紙を出した。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




突然の手紙ですが、不作法をお許しください。
僕はあなたにたった一言を言いたくて手紙を書きました。
そのたった一言とは「美麗と一緒に幸せになって下さい」
という事です。
僕と美麗は、お互いに話し合いが足りずに
すれ違いが起きて、喧嘩の日々が続いてしまい、それだけではありませんが、僕の弱さが美麗を何度も苦しめ
悲しい想いをさせてしまう結果になり別れてしまいました。彼女にはもう、そんな想いはして欲しくありません。
僕が彼女を幸せにできなかった分、彼女とめいいっぱい幸せになって下さい。
どうかよろしくお願いします。
そして、手紙を読んでいただきありがとうございました。



佐伯雪彦


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー






晴人
晴人
…佐伯…雪彦…さん。






俺は手紙をゆっくりと閉じた。











俺は、佐伯さんの気持ちを絶対に忘れちゃいけない。








そう思った。










これから先もきっといろいろあると思う。









だけど、美麗を好きな気持ちは変わらない。








美麗…俺を好きになってくれてありがとう







俺を信じて…付き合ってくれてありがとう







そばに居てくれてありがとう










俺の横で笑っててくれてありがとう