無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
102
2021/02/06

第1話

幸せなニュース
美麗
美麗
…え!
晴人
晴人
??なに?どうしたの?



2人でソファーに座ってTVを見ていると





いきなりスマホを見て大声をだした美麗。






美麗
美麗
あ、なんかね〜、高校の友達から連絡きたんだけどね?
晴人
晴人
友達?……女の人?
美麗
美麗
…あ!女の子だよ!笑
ほらっ笑




美麗はクスクス笑いながら








そう言って〇〇NEを俺に見せてくれた。






うわ、俺心狭っ!!





でも、心配でたまらないもん!←






美麗
美麗
あ、それでね?
その友人がおめでただって笑
晴人
晴人
え、ほんとに?




俺は美麗のスマホのディスプレイを見た。
晴人
晴人
ほんとだ…すごっ!
美麗
美麗
めぐ、お母さんになるんだぁ…



高校の友人の名前なのか






そう言いながら






美麗はめちゃくちゃ喜んでいた。







他人の幸せを心から喜べる







やっぱり美麗は、外見はもちろんだけど









心もめちゃくちゃ綺麗だ。










って…何から目線…?笑









けど、その瞬間








前々から頭の中にあったプロポーズしよう









という想いが溢れ出しそうになった。







晴人
晴人
いつ頃生まれるの?
美麗
美麗
9月だって
絶対可愛いよ~!早く抱っこしたいなぁ〜



…美麗の気持ちも確認しないと










…結婚…の話しなんて出来ないよね。








美麗の…今の気持ちって…?







美麗
美麗
…はるくん?どしたの?





俺が突然静かになったからか






美麗は俺の顔を覗き込んだ。








…あぁ、可愛い。








ほんとに超可愛い…。








そんな美麗を見てたら








ポロっと…ほんとに、ポロッと。





晴人
晴人
美麗は、俺の事好き?




口から出た言葉は、なんとも女々しい台詞。








美麗は驚いた顔をしていた。









…自分でも、それはねーだろってマジで思う








もっと…こう、あったでしょ!俺!










自分のあまりのヘタレさに、自分でも呆れた。