無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第6話

〜ミルクとコーヒー、解説編〜
フブキ
フブキ
ズバリ、どっちも同じ!!
マタロウ
マタロウ
…ええ!?
コマ
コマ
あなたちゃん、そうなの?
(なまえ)
あなた
正解!!
フブキ
フブキ
やった!!
マタロウ
マタロウ
いやいや、どう言う事?
(なまえ)
あなた
2回とも、移動した量は同じなのよ!変わる訳が無いっていう訳!
ジンペイ
ジンペイ
よく分かんないけど…とりあえず同じなんだな!
フブキ
フブキ
まぁ、その解釈で間違ってないけどね…