無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
51
2020/05/06

第6話

☀️Six
~あなたside~

今、ゆうと駿佑と長尾と帰ってます。
なんか駿佑がご機嫌です。
あーあ。きっと好きな人といい事あったんだろな、
駿佑の好きな人はバスケ部のマネージャーの春野 みやこちゃん。
名前の通りみやこちゃんはめっちゃお目目パッチリで髪の毛もサラサラでいい匂いがしそうな
The 女の子って感じの子でモテる。
だから駿佑も好きになるのは分かる。
でもなんか哀しいよねやっぱ。
だって好きな人の好きな人が分かっちゃうぐらい好きなのにその好きな人の目には自分なんか居ないんだもん。
しかも、みやこちゃんと私って全然タイプ違うし。
私がしてきた努力が全部裏切られたって感じした。
まあ、しょうがないよね…。

ゆう「あなたどしたの?今日朝より元気なくなってるけど。」

あなた「コソッ後でLINEで話聞いてくれる??」

ゆう「あ〜。なるほどね!!おけおけ!任せろ!笑」

あなた「ありがと!ゆう、大好きぃ〜!!」

ゆう「やだあ。私もよ笑笑」

長尾「あの二人さ、ラブラブしてるとこ悪いんだけどもう別れ道来たよ?」

あなた「いぎゃあっゆう…また後でLINEでね…」

ゆう「あなた!!もちろんスタ連しとく♡」

あなた「ごめんそれはいいや。」

ゆう「そそそそんなあ…笑笑」

道枝「はいはい。もう帰るぞー」

あなた「ゆうと長尾、また明日ね!!」

ゆう・長尾「バイバーイ!!」

道枝「ばーい!」









あなた「ねぇ…駿佑さ、今日いい事あったの?」

道枝「なんで??笑」

あなた「ニヤニヤしてるから。」

道枝「してないわ!別に何も?笑」

あなた「そっか。」

道枝「あなたこそなんかあった?」

あなた「え?」

道枝「眉毛が困ってる笑」

あなた「いつもの事だし。」

道枝「ぷっまあなんかあったら言えよ。」

あなた「ん。ありがと。」








あーもう何でこんなにかっこいいのこの人。
私のことただの幼なじみとしか思ってないのに
心配なんてするなよぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!
でもそういう所が好きなんだよね、
あーあ。
私はいつになったらこの恋卒業できますか。