無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

11
2021/04/24

第6話

僕ね。
僕
僕さ。
僕
時間が夜とかしかないの。
僕
だから、こんな時間とかになっちゃったりするんだ。
僕
あと、通知めっちゃ荒らす。
僕
マジでごめんね。
僕
まぁ、今までもやってたけどww
僕
嫌いな人は僕のアンチや僕と仲良くなんなくても構いません。
僕
フォローも外してもらって構わないので。
僕
フォローしないでくださいとかもいいです。
僕
そういう事は、アンチ部屋で言ってください。
僕
僕は量より質なので。
僕
今更裏切られてもなんとも思わないんでw
僕
そんだけです。
僕
じゃあね。