無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

守矢神社へ
魔理沙
魔理沙
うーす!誰かいるかー?
???
あら?魔理沙さんではありませんか、どうかされましたか?諏訪子様と神奈子様はいますけど…
魔理沙
魔理沙
ああ、2人も呼んでくれないか?話があるんだ
???
…?わかりました(魔理沙さんの顔つきを見るに何が重要なことでも話すのでしょうか…)
…………………………………………
加奈子
加奈子
なんか用かね、私たちを呼び出すなんて…
諏訪子
諏訪子
やっほー!何か用かなー?
???
お二人をお呼びしましたよ…
話とは何ですか?
魔理沙
魔理沙
ああ、ありがとな、話というのはこいつの事だ
諏訪子
諏訪子
あー、この子?紫から聞いたけど何故か幻想郷に迷い込んだ能力の使える子…
加奈子
加奈子
人間なのに能力が使えるのか…それは不思議だな…私達も一応調べてみるよ、私は加奈子だ、これからよろしくな
諏訪子
諏訪子
私は諏訪子だよ!よろしくねー!
???
大体わかりました、私も色々試してみようと思います、私は早苗です、これこらよろしくお願いします
やよい
やよい
よろしくお願いします
魔理沙
魔理沙
私が言わなくても大丈夫だったらしいな、じゃあ今から白玉楼にいくぞ!
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
ユニコーン(作者)
ユニコーン(作者)
皆さんこんにちは!
ユニコーンです。
皆さん!すみませんでしたぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!
間違いがないか小説を読み返していたらなんと紅魔館という区切りの場所を間違えていました!
本当にすみませんでした!
お詫びとして今回続きを書きました!次はもっと長く書きます!
こんな小説でも読んでくださっている皆さん!本当にすみませんでした!
それではこの辺でm(_ _)m

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ユニコーン
ユニコーン
よろしくお願いします
ファンタジーの作品もっと見る
公式作品もっと見る