第37話

番外編
329
2022/01/04 15:09
琴花 あなた
あけましておめでとうございます
琴花 あなた
..........
カンペ【これ読んで】
琴花 あなた
えっと..
琴花 あなた
新年初めの"花言葉は_______"は番外編をお届けします
琴花 あなた
これでいい?...てかなんでカンペあんの..
カンペ【OKです!それはちょっと良く分からないです!】

















1月3日

三箇日の終わり


大抵の人はこの日、暇
初詣も済ませていたり、親戚同士の集まりも終わっていたり..

ちなみに私は親戚といったものも知らないし、初詣はまだ行ってない
.......いやだって、1人で初詣は悲しいし




ところで...
琴花 あなた
(校長からお年玉を貰ってしまったけど..これ、どうしよう)
お金なら今貰ってる分で足りてるし、他に買うものも多分ないし

まぁ、貯金に回すつもりでいるけど
琴花 あなた
.....そういえば
琴花 あなた
(終業前にみんなとLIME交換したんだった)
訳あって今は家族が私しかいないということがバレ、「それは寂しいよ!!!」とクラスが一致団結した結果、「いつでもLIMEしてくれ!」と、私のケータイに次々と連絡先が登録されていった

ちなみに私の初グループトークは2日前の"あけましておめでとう"のみ
私はグループLIMEを開き、発言を試みたけど、グループに発言するべきか個人的に発言するべきか迷った

あとなんだか少し指の動きが鈍い
と、心の中でもたついている間に、グループにとある人物から通知が入った
上鳴 電気
[なんつーか..暇じゃね?]
上鳴くんだった
私の意見をそのまま言ってくれた
芦戸 三奈
[それなー、新年の行事とか昨日で全部終わっちゃったし]
耳郎 響香
[うちも、かな。もう特にやることは無い感じ]
( 予想以上にみんな暇じゃん )

これはいいタイミングだな、と、私はキーボードを出し、コメントすることにした
琴花 あなた
...打ちにくいな..
琴花 あなた
[私も、暇]
打ちにくいし単に面倒くさいので、かなりの短文になった
上鳴 電気
[お、そーいや琴花いたじゃん]
少し嫌な気分になった
上鳴 電気
[どーよ、この3日間何かした?]
琴花 あなた
[特に]
耳郎 響香
[え、初詣とかも行ってない感じ?]
琴花 あなた
[流石に1人はやだ]
芦戸 三奈
[よし!じゃあ初詣行こう!!暇な奴全員集合ー!!]
言って直ぐにこうしてことを進めてくれるのは嬉しいことだなと素直に感じた

こういう素質はヒーローには大切だからかもしれないけど、自然にできるのはすごいことだよ、きっと









あれからものの数分でメンバーが決まり、予定も決まった

言い方が悪いけど、ここまでスラスラとことが進むのは少し気持ち悪いなと思った


そんな時、個人LIMEの方に通知が入った
耳郎 響香
[あなたー]
琴花 あなた
[なに]
耳郎 響香
[集合まで時間あるけど、それまでウチくる?]
響香の家にはまだ行ったことがない

今日の準備はもう出来てるし、少し言葉に甘えようかなと思った
琴花 あなた
[行きたい]
耳郎 響香
[おっけー、準備できてるから、いつ来てくれても大丈夫]
琴花 あなた
[じゃあ、すぐ行く]
耳郎 響香
[笑笑、了解]
荷物を持ち、事前に買っておいた上着を着て家を出た


響香の家までそんなに時間はかからない
というか全くかからない
走れば1分もかからない

だから、私はあえてゆっくり歩いた









響香の家に着き、インターホンを鳴らそうとすると、2階の窓が開いた
耳郎 響香
あなたー!
琴花 あなた
........
琴花 あなた
着いた
耳郎 響香
あっはは、見れば分かるよ
耳郎 響香
すぐ行くから待ってて
琴花 あなた
分かった
10秒程待っていると、ガチャとドアが開いた
もちろんドアを開けたのは響香だった

けど、その背後に2人程立っていた
琴花 あなた
ぇッと..お邪魔します
耳郎 響香
いいよ別に緊張しなくて
泥棒みたいな人いるけど
親だから安心して
耳郎響徳
ちょ、それは酷いよ....
耳郎美香
ふふ、あなたちゃん..よね?
響香が良く楽しそうに話してくれるのよ?
響香と仲良くしてくれてありがとうね
ささ、上がってね
耳郎 響香
ちょ、母さんっ//
琴花 あなた
ふふ、響香照れてる
琴花 あなた
こちらこそ、響香が仲良くしてくれて、すごく楽しいです
ありがとう、響香
仲が良さそうな家族だな、と感じた

私の家族の記憶は幼い頃で途切れてしまっているけど、それまでのものは楽しかったから、こういう睦まじい雰囲気は嫌じゃない

むしろ好き..かな
耳郎 響香
ッ//
あなた、部屋行こっ
琴花 あなた
うん
2階に行き、響香の部屋に行った
入った瞬間から分かる音楽な部屋だった

楽器とか、CDとか、ポスターとか
音楽愛が十分過ぎるほど伝わる部屋

響香は両親の影響もあるとは言ってたけど、かなりの音楽好き
自分で演奏もできちゃうし、多分だけどやろうと思えば作曲だって出来るんじゃないかな
琴花 あなた
すごいね
耳郎 響香
そう..かな
琴花 あなた
うん、すごい
耳郎 響香
あっはは、もういいって
耳郎 響香
あなたは音楽、聞く?
琴花 あなた
うん
浅く広くって感じかな
琴花 あなた
ロックもたまに聞いてるよ
耳郎 響香
ほんと?!
琴花 あなた
うん
(響香、楽しそう)
響香はその後も色々話をしてくれた
ジャンルによって楽器とか弾き方とかが違うってこととか、私の知らないことをたくさん教えてくれた

私は話を聞くのも、知らない知識が得られるのも好きだから、この時間は全く嫌じゃなかった

そうだ、ギターとかベースとかの弾き方も教えてくれた
難しいけど、慣れればいつか響香とセッションできるかもね
耳郎 響香
お、そろそろ時間じゃん
ごめん、ウチばっかり話してて
琴花 あなた
ううん、話楽しかった
耳郎 響香
そ?なら良かった
じゃ行こっか
琴花 あなた
うん
















集合場所は近場の神社
3日目ということもあり、人はそんなに多くなかった
耳郎 響香
あれ、もうみんな来てるね
耳郎 響香
時間間違えたかな..
琴花 あなた
ううん、合ってる
みんなが早いだけ
耳郎 響香
だよね
麗日 お茶子
あっ、琴花さーん!耳郎さーん!!
耳郎 響香
みんな早いね
麗日 お茶子
たまたまやよ〜
耳郎 響香
そっか
緑谷 出久
琴花さんはこれが初詣なんだよね
琴花 あなた
うん
今回集まったのは

上鳴くん
芦戸さん
麗日さん
緑谷くん
あと、私と響香の6人
芦戸 三奈
私たち既に行ってるから...
上鳴 電気
ただの詣だな!w
琴花 あなた
付き合わせてごめん
芦戸 三奈
いいっていいって
何度行ってもご利益しかないからね!!
琴花 あなた
..ありがと
緑谷 出久
それじゃあ行こう!
麗日 お茶子
うんっ
初詣がどんなだったかって言う話、しても大して中身はないからしないでおくね

だって、みんなと変わらないから

お参りして、お守り買ったりおみくじしたり
みんなと変わらないことをしただけ

時が進んでてもやることは同じってのが伝統ってやつなのかな







現在時刻:13時30分
上鳴 電気
そーいやみんなお昼食べてきた?
俺まだなんだよなーー
琴花 あなた
(いや流石に食べてるでしょ、私まだだけど)
麗日 お茶子
あっ、私まだ食べてないっ
芦戸 三奈
私もー
もうお腹ぺこぺこ〜
耳郎 響香
ウチもまだかも
緑谷 出久
そう言えば僕もまだ..
琴花 あなた
(みんな食べてなかった)
琴花 あなた
私も、まだ
上鳴 電気
うっし、じゃあてきとーなとこで済ませようぜ!
ということで、私たちは近場のファミレスに向かった

そう言えば私、ファミレスとかは始めてきたかも
施設の時は大体自炊だったし、今も自炊だし
滅多に外食とかそういうのはしてなかったかな

てか、三箇日からファミレス開いてるものなんだ
初耳














上鳴 電気
おっ、俺これにしよ〜
緑谷 出久
僕はこれにしようかな
耳郎 響香
ウチももう決まった
芦戸 三奈
えーっみんな早いってば!!
麗日 お茶子
ゆっくり決めればいいよ
私もまだやし
緑谷 出久
琴花さんは決まった?
琴花 あなた
.......ぁ、これ
私が選んだのはごく普通な定食
値段もお手頃だし、何よりバランスも良さそうだったから

栄養補給は大事
芦戸 三奈
おっけ!私も決まった!!
麗日 お茶子
私も!!
上鳴 電気
うっし、じゃあ注文するぜー
上鳴くんを中心に注文などを進めていき、しばらくして料理が届いた

実はこれとお子様ランチで迷ってたりもしたけど、こっちにして良かったかも

周りを見る限り、お子様ランチを頼んでるのは小学生以下みたいだし、頼んでたら恥ずかしい思いをするのは私だったし











上鳴 電気
いよっし、自分の分のお金ちょーだいっ
まとめて俺が払うわ
芦戸 三奈
おっけーありがとーーー
緑谷 出久
ありがとう、はい、これ僕の
みんなが自分の分のお金を上鳴くんに渡していたので、私も習って渡した

金額を見て思ったけど、やっぱり外食は少し高い
安い方だろうけど、自炊には敵わないね

校長からのお年玉、貰っておいて良かったみたい

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈




芦戸 三奈
いや〜楽しかった!!
琴花 あなた
参詣してお昼食べただけだけど
耳郎 響香
いいじゃんそんだけでも
楽しめる要素なんて案外そこら辺にあるんだって
琴花 あなた
そっか
上鳴 電気
そろそろ解散すっか
俺午後からちょっち出掛けるし
麗日 お茶子
そやね
そろそろ解散しよっか
緑谷 出久
うんっ
琴花 あなた
..今日はありがと
またお昼食べに行こうね
上鳴 電気
....(ニヒッ
おうよ!!
琴花 あなた
じゃあね
麗日 お茶子
うんっ、またねー!
芦戸 三奈
ばいばーい!
緑谷 出久
またねっ
上鳴 電気
じゃあなー!
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ



耳郎 響香
帰ろっか
琴花 あなた
うん
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ





























プリ小説オーディオドラマ