第30話

リナリアの幻想
780
2021/04/20 12:30
上鳴 電気
あっ!相手お前らかよ〜
峰田実
推薦の八百万と未だ何も掴めてない謎の琴花..
峰田実
はぁ?!俺らの手の内バレてるし最悪じゃんかよ!!
この峰田って子、第一印象は最悪だけど、意外と冷静にはなれるようだった

テンパったりすることの方が多いみたいだけど、思考自体は合ってる
上鳴 電気
ん?てか今琴花「ばーか」つったか?
琴花 あなた
うん
上鳴 電気
え、うそん
辛辣すぎね?
琴花 あなた
事実、罠にかかってるし
峰田実
そ、そんなこと言ってよー
対人で勝てる自信に満ち溢れてるってかよー?
八百万 百
それは、今から証明致しますわ!
八百万さんは創造の個性で閃光弾を創った

私は事前に渡されていたサングラスをかけ、閃光弾の光に備えた
峰田実
あ、ズリィぞ!!!
琴花 あなた
問答無用
八百万さんの手から閃光弾が離れた途端、強い光を発生させ、当たり一体が光で包まれたその瞬間に上鳴くんと峰田くんに近付き、拘束を試みた
八百万 百
これで仕舞いですわ!
上鳴 電気
はっw
甘ぇよ!!
琴花 あなた
うわ、っ
峰田実
よっしゃ、琴花捕らえたりー!!
感想を述べます。

変なブヨブヨを踏みました、とても気分が悪いです。

と、ふざけている余裕なんてない
これは峰田くんの個性"もぎもぎ"

現状、私は行動不可能ということになる
上鳴 電気
相手を八百万って想定してて正解だったぜ!
閃光弾対策はこちとらバッチリなんだよ!
上鳴 電気
無差別放電20万v!!!
八百万 百
きゃぁっ
放電で地下の電線に電極が流れ、その反動で地割れが起こった

それによりバランスを崩した八百万さんは思わず地面に手を着いてしまった
上鳴 電気
おっし、八百万も拘束完了!!
私たち2人は専用の拘束具で縛られてしまった


ということで、これで私たちは敗北
峰田実
なぁなぁ上鳴ぃ!!オイラ達、八百万と琴花に勝っちまったぞ?!?!
上鳴 電気
それなぁぁっ!信じらんねぇ!嘘かよ!
























そう、これは全部嘘

だって言ったじゃん
琴花 あなた
事実、罠にかかってるって
琴花 あなた
リナリアの花言葉は"幻想"
今までのは、全て上鳴くんと峰田くんが見ていた夢に過ぎない

リナリアの花から放たれる霧に知らずとして迷い込んでしまうと、幻想に陥ってしまう

私は個性の同時使用をしていたのだ
誘惑の香りで彼らを霧の中に誘った

同時使用なんて初めて行ったけれど、なかなかできるものだね
八百万 百
すごいですわ、琴花さん!
琴花 あなた
それ程でも
琴花 あなた
八百万さんもありがとう
この作戦を考えてくれたのは八百万さんだ

私はまだこのクラス全員の個性を把握しきれていないので、対応力が1番低い

だからこそ、情報として八百万さんの力を借りた
彼らの個性を把握している八百万さんだからこそ編み出すことが出来た作戦だ

どのグループに当たってもある程度は有効性がある作戦にすることで、順応性も高まる
八百万 百
どういたしましてですわ
その後、私たちは2人に拘束具を付け、この試合に勝利した
琴花 あなた
個性解くね
八百万 百
そうですわね
リナリアの花を消滅させると、瞬時に霧が晴れた

この霧は対象を絞ることができないのと範囲が狭いのが欠点だけれど、それを良く理解して作戦を編めば利用くらいできる
上鳴 電気
はっ
上鳴 電気
あれ?
峰田実
え、オイラ達試合負けてんじゃん
上鳴 電気
え、まじじゃん
は、なんでなんで?!?!
八百万 百
爪が甘かったですわね
琴花 あなた
敵を八百万さんだけに絞りすぎ
連携のことも考えて行動しないからこうなるんだよ
上鳴 電気
うぅ、言い方キツいけどご最もです...
琴花 あなた
じゃ、初勝利はありがたく貰っておくね
お疲れ様
八百万 百
お疲れ様ですわ
峰田実
おつかれー
上鳴 電気
ぉっかれー










さて、なんやかんやで私のの演習は終了

やっと休憩の時間
もう動きたくない
気力が全部吸い取られた
もう無理

寝たい


でもまだ演習は終わらない...速く終われ....
いっそのこと呪ってやろうか
相澤 消太
(ギロッ
琴花 あなた
ひえー(棒)
すごく睨まれた
緑谷 出久
あ、琴花さーん!!
緑谷くん....麗日さん曰く、相当なヒーローオタクだそうで、クラスメイトの情報も色々とメモしているらしい

まぁ、ヒーローオタクなのは知ってた
琴花 あなた
なに?
緑谷 出久
さっきの試合、一体どうなってたの??
こっちからじゃ霧でほとんど見えなくて..
琴花 あなた
えっとね..
琴花 あなた
秘密
緑谷 出久
琴花 あなた
頑張って真相を突き止めてね
ごめんね、緑谷くん

面倒くさいんだ、今、猛烈に
芦戸 三奈
お、最後の組終わったー
てことで後は...余り!
耳郎 響香
余りって響きなんかやだな..💧
切島 鋭児郎
先生、耳郎の相手とペアってどうするんスか?
相澤 消太
全てくじで決める
耳郎、引け
耳郎 響香
あ、はい!
事前に用意されていた2つの箱
その中にはくじが入っている

響香は両方の箱に同時に手を突っ込み、くじを引いた
耳郎 響香
えっと、相手はCで
ペアが...
響香が申し訳なさそうな目でこっちを見てきた
その眼差しを見れば誰でも分かるよ、ペア、私なんでしょ

私はそっと生徒の軍から抜け、響香の隣へ向かった
相澤 消太
決まりだ、試合に出る組は演習場に入れ

頑張ろ




















作者
1度読んでみてくださいなっっっ!

プリ小説オーディオドラマ