無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第4話

2話
瑠璃
瑠璃
ふぅー…ただいまー
楊過 透過
お、おかえり…
瑠璃
瑠璃
ん?どうした?
楊過
楊過
トイレのドア、蹴った?
瑠璃
瑠璃
いや蹴ってない
透過
透過
物音は?
瑠璃
瑠璃
してない
楊過 透過
え!?
楊過
楊過
じゃぁ、私達だけに聞こえてたの?
透過
透過
そうみたいだよ…
瑠璃
瑠璃
なに2人でコソコソ喋ってるの?
楊過
楊過
いや、瑠璃…怖がりだっけ?
瑠璃
瑠璃
んや全然
逆に好きなぐらいだし
透過
透過
んじゃ、言うけどさ…こっちでラップ音?って言うのかな?
それが聞こえた
瑠璃
瑠璃
ほぇー
楊過
楊過
いやほぇーじゃなくてさ
瑠璃
瑠璃
いや、頻繁に起こってるじゃん
楊過 透過
え!?
楊過
楊過
全然聞こえないよ!?
瑠璃
瑠璃
あー…波長合ってるのかぁ…
透過
透過
こっっっわ…
瑠璃
瑠璃
けど、だとしても頻繁すぎなんだよなぁ…ほら、今もなってるよ?
楊過
楊過
今のは聞こえたあっち(台所を指差す)
瑠璃
瑠璃
え!?
楊過
楊過
え?あそこでしょ?
瑠璃
瑠璃
いや、上から
透過
透過
私も上から…
瑠璃
瑠璃
…待ってよ…あ、3回同時に今なったから3体以上はいるわこの家
楊過
楊過
いや、まず別の場所から聞こえたことに反応しようよ…
透過
透過
てか、3回同時は…
ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙
blackrainy
blackrainy
え!?
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
瑠璃
瑠璃
よし、キリいいから終わり!
blackrainy
blackrainy
乙レイ!