無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第35話

どうして
轟「爆豪…」
爆「あ?」
轟「いや…その…」
爆「なんでてめぇを連れてきたか、だろ?」
轟「!(エスパーかよ)」
爆「俺があなたを助けた所を見させて俺の方が強いって見せるため」
轟「お前それは酷いぞ」
爆「ヘッ!冗談w」
轟「なんだよ…」
爆「今はライバルなんて言ってる場合じゃねぇよ。」
轟「あなたを助ける。それが一番ってことだな」
爆「あぁ。あなた、ここ開けろ」
キーン
ガチャンッ!








迅「モニターは見えるか?」
「はい」
迅「まずいな…あと少しでこちらについてしまう。"あの薬"を持ってこい」
『薬?』
迅「君には少し目をつむってもらう。大丈夫、すぐに楽になるさ」
『まさか!』
迅「じゃあねあなた」









上「ハァハァ…待って…これ死ぬ…」
切「頑張れ上鳴!」
瀬「あれ誰だ?」
2人「え?」

?「ここは君たち3人か…」
切「誰だよてめぇ」
?「俺は"楓瓏"。迅牙様の幹部…四天王の1人だ」
上「確かこいつ個性わかんねぇやつだよな?」
瀬「逃げたって仕方ねぇ。やるぞ!」
切「おう!」
上「ちょ!ちょっと待って!」
楓「馬鹿だな」



シュッ



切「ウッア"!」
上「切島!」
切「大丈夫だ…あいつ、刀持ってるかも」
瀬「でも、そんなもん今は持ってねぇぜ?」
上「・・・。」
切「迷ってても仕方ねぇ!行くぞ!」














楓「後は君だけだよ。」
上「チッ…切島!瀬呂!大丈夫か?!」
切「クッソ…」
楓「ホントに馬鹿だな」

上「馬鹿かどうかはちゃんと見てから言えよ!」
楓「何?!」

上「ところであんたさ、"俺だけ"って事ちゃんと分かってんの?」
楓「だったらなんだ!」
上「俺にとっちゃ好都合だ!!」

BZZZZZZ!

楓「ウッアッ"!」
切「上鳴…」
上「あなたはなんも知らなくて、でもすげぇおっかねぇ…でも可愛くて優しいやつだ!あなただけじゃなくて切島や瀬呂を傷つけた罰、ちゃんと受けてもらうぜ!」
瀬「すげぇ…」
切「ありがとな、上鳴!」
上「ちったぁ電気くんに感謝しなさい!」
瀬「にしても、こいつの個性なんで分かったんだ?」
上「ん?なんとなくこいつの動きが"忍者"に似てたから」
切「て事はこいつの個性は"忍者"なのか?」
上「らしいぜ」
瀬「とりあえず皆と合流するか」
切「あぁ!行こうぜ!」