無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第40話

いいよね…
あの時、私はかっちゃんに怪我させた。

悪い事をした…そう思った。

だけど今迅牙を怪我させても

悪いとも思わない。

でも言いたい事がある

一言だけ

そのために

迅牙…あんたを倒す









麗「あなたちゃん、いい?」
『うん』









麗「解除!」
迅「何?!」


『ワープ』

迅「な!やめなさいあなた!君にはその個性は強すぎる!!」

『強くてもいい。でも1つだけ言う…





あんたのやった事は"罪"ってもんだ!
きっちり落とし前付けな!!』






迅「クッソ…」

『ワープ…スターライトパレード!』






































































麗「あなたちゃん…あなたちゃん?!」
『ここだよ』
麗「よかったァ!」
『そういえば麗蘭は…』
麗「ここにいるよ。倒れてる」
『ホントだ』
麗「轟君達は…」


轟「爆豪!爆豪!返事しろ!!」
麗「轟君!」
轟「麗日!あなた!よかった…爆豪が返事しねぇんだ!」
麗「そんな!」



かっちゃん…

まさか死んでないよね?





バッ




麗「あなたちゃん?!」



『かっちゃん!』



ギュッ



『ねぇ目覚ましてよ…個性の事覚えててくれてありがとう。あの時は巻き込んじゃってごめんなさい…また一緒に遊びたいよ。かっちゃんがいなきゃ…グスッ…かっちゃんがいなきゃ…私、楽しくないよ!!』

麗「あなたちゃん…」
轟「あなた…」

上「ここか?!」
麗「上鳴君!」
切「ここか!」
瀬「あいつら…あなた!」

緑「あなたちゃん!」
八「お茶子さん!」
耳「大丈夫?!」

麗「皆集まって…」
轟「それより爆豪が!」

全「え?」


『かっちゃん…グスッ…かっちゃん』

切「そんな…」
上「爆豪が…」


『かっちゃん…大好きだよ』

chu


爆「そーいうのはちゃんとした時に言えよ」
『!…かっちゃん!!』
爆「泣くな…お前は昔っから泣き虫だな」
『かっちゃん…グスッ…かっちゃん!』

ギュッ

爆「無事でよかった…」
『グスッ…』

























かっちゃんの胸の中で泣きじゃくっているあなたちゃんは少しだけ大人っぽく見えたんだ。











黒「おや?皆やられているか…」
轟「お前は…黒瓏!」

迅「黒瓏…君はまだいたのかい?ならいい…やり返しだね」
黒「そうはさせません」
グサッ
迅「ヴッ」
黒「大丈夫、殺してませんよ」


『黒瓏…』
黒「お嬢様…ご無事で何よりです」
迅「君は私の右腕のはず…」
黒「さぁ何の話だよ…さっさと捕まれ!」

黒「お嬢様、あなたは自由に生きてください」
『(。_。`)コク』
黒「では私はここで」

轟「待て、死柄木はどうした」
黒「死柄木さんならお帰りになられましたよ。それともうひとつ…

私はお嬢様の味方でした。では」


















その後私達はプロヒーロー達の元へ戻り処置を受け事情聴取となり寮へ戻った。





私は眠っているかっちゃんの手を握っていた