無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第36話

なぜお前が…
爆「もうちょいか?おいあなた次どっちだ?」
〈・・・。〉
爆「おい?あなた?」
〈・・・。〉
爆「おい?!」
轟「どうした?爆豪」
爆「あなたから返事がねぇ…」
轟「奴らに何かされたんじゃ…」

?「あなた様なら"薬"を打たれて眠っているよ」
爆「アァ"?!」
轟「誰だてめぇ」
?「俺は黒瓏。四天王の1人だよ」
轟「個性分かんねぇやつだな」
爆「おい、あなたはどこだ?」
?「さぁ?そう簡単に教えるとでも?」
爆「ふざけんなてめぇ!」

パキパキッ

爆「なんだ今の。半分野郎か?」
轟「いや、違ぇ」
?「どけ」
黒「おや?お久しぶりですね















死柄木さん」

2人「?!」
死「あ?…あぁ、いたなお前」
黒「酷いな…」
死「そうか?」

轟「厄介なやつでてきたな…爆豪引くぞ」
爆「おい!あなたはどこだよ?!」

死「あそこの階段まっすぐ登った扉の向こう」

2人「?!」
黒「なにを素直におっしゃっているのですか?」
死「ちなみに俺は今日、ここにお前らに仲良しこよししに来たわけじゃねぇぞ」
黒「何?」
死「迅牙と四天王を潰しに来たんだよ」
黒「あなたは以前我々の味方だったはずですが?」
死「忘れたね」
黒「そうですか…ではきっちり落とし前つけさせていただきます」
死「早く行け!」
轟「あぁ!爆豪行くぞ!」
爆「チッ…てめぇに感謝する気はねぇぞ!」











皆…

















かっちゃん














焦凍


























助けて