無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第39話

お願い…
麗「あなたちゃん!助けに来たよ!」


轟「あなた!」
爆「あなた!どこだ?!」


迅「おや?もう来たのかい?やれやれ…麗蘭、殺れ」
麗「かしこまりました」

轟「麗日、あなたをこっちへ!」
麗「うん!」






麗「そーりゃぁ!」

パリンッ!

麗「あなたちゃん!大丈夫?!」
『・・・。』
麗「あなたちゃん!返事して!」
『・・・。』
麗「目…開けてよ…」
『・・・。』
麗「ヒック…あなたちゃん!!」

ギュッ

麗「爆豪君に頼まれたんよ。"抱きしめてやってくれ"って…でも私がやったんじゃ意味ないよ…爆豪君、自分からは出来ないんだよ。だからあなたちゃんから抱きしめてあげて?だから…目覚まして!!」









そうだ…


分かったよお茶子ちゃん











『ヴッ…お茶子…ちゃん?』
麗「あなたちゃん!」
『シー…お茶子ちゃん、迅牙を一緒に倒してくれる?』
麗「うん!」
『もう…守られない…戦うの!』
麗「おう!」