無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第16話

お前には負けないからな
切島〜side〜

切「どう思うか?」
上「うーん…」
瀬「アイツがな〜」


俺達は悩んでいた。食堂で
悩んでいる理由は爆豪だ、さっき轟が俺らに「恋ってなんだ?」みたいな話をしてきた時爆豪が、「なんか言ったかァ"!」って言ってた。
切(もしかして…)
そう思って聞いてみた。

切「バクゴーお前好きな人いるか?」
爆「んだよ、いきなり…」
切「わりぃわりぃ!何となく聞いてみただけだ!いるわけねぇよな。」
爆「ハッ…いるわ」
切「!!」




上「アイツに好きな人か〜」
瀬「誰だろなぁー」
切「可能性があるとすれば…」
上「だよな。」
瀬「うーん…」



俺達が爆豪の好きな人で出てくるやつは…



あなただ。

この前のあなたの初めての実戦だって、あなたが倒れてすげー心配そうにしてた。それはそれとしても、リカバリーガールの所へ運ぶのにアイツが
爆「俺が運ぶ」
って自分から言う事なんて今まであっただろうか。
轟と話してた時も
爆「半分野郎も恋するんだな」って言った時なんかすげー虚しい顔してた。




上「やべぇな、轟もあなた好きじゃん!」
瀬「逆によ、あなたはどうなんだろな?」
切「確かにな、女子に頼んで聞き出してもらうか?俺達が行ってもあの2人に近づくな!みたいな圧力かけられるな…」
上「うっし!頼んでみるか!」
瀬「恋バナだったらすぐ食いつくからなw」




俺らはそう言って食堂をあとにした。




NO〜side〜



切「なぁ女子達、ちょっと良いか?」
八「なんですの?」
切「1つ頼まれて欲しい事があるんだけど…」
蛙「はっきり言って切島ちゃん。」
切「あなたに好きな人がいるかどうか聞いて欲しいんだ。」
麗「切島くんあなたちゃんの事好きなん?!」
切「いや俺じゃなくて…」
上「爆豪があなたの事好きなんじゃねぇか?って話!」
耳「爆豪が!」
瀬「多分な。」
芦「へぇーあの爆豪がねぇ」
切「でも1つ問題が…」
葉「問題?」
上「轟もなんだよ。」
耳「マジか!」
瀬「俺達にあの2人の気持ちを何とかしようとしたら3人とも消されそうだし…かと言って俺達があなたに好きな人いるか?なんて聞いたら逆にお前らが俺達消すだろ?」
切「それに、俺達よりもお前らの方があなたも馴染んでると思うし…」
芦「ぅーーーーー!燃えてきたぁ!アオハルキタァ━━━━━━(n'∀')η━━━━━━ !!!!」
八「ではあなたさんに好きな人について聞けば良いんですね?」
上「おぅ!よろしく頼むぜ!」
麗「!」
瀬「どうしたんだ?麗日?」
麗「いつの間におったん?轟くん!」
上「へ?」


轟「ずっといた。」
爆「俺も。」


切&上&瀬「ヤバい…消される」

そう思ったんだが…

爆「おい半分野郎!あなたは俺のだからな!」
轟「いや俺のだ。」


爆&轟以外(やべぇことなってるぅ!)


轟「例えお前に盗られても」
爆「また奪い返す」

爆&轟「お前には負けないからな」