無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第19話

ごめんね焦凍
相「席に付け〜」








相「合理的にいこう…魔村だがある理由で地下に隔離された。」
全「!」
緑「・・・。」
芦「ど、どうして?!どうしてですか?」
相「アイツいわく理由は我々プロヒーロー以外には言いたくないそうだ、むしろオールマイトの提案だ。」
麗「そんな…」
蛙「もう会えないのかしら…」
相「それはないだろう、ただアイツに今とてつもない悪意が襲って来ていると言っても間違いではない…」
轟(あなた…お前一体何者だよ…)
爆(まさかあの時のアイツがあなたを…)
相「とりあえず少しの辛抱だ。あと緑谷」
緑「は、はい!」
相「後で職員室に来い。」
緑「はい…」
相「これで魔村についての話は終わりだ、授業に移る。」










緑「失礼します」
オ「おっ来た来た、あなた少女に会いにやってくれ。私も後で向かう!」
緑「はい…」
オ「元気ないな」
緑「だって…あんな事があったなんて…」
オ「そうだな…だがあなた少女だって怖がっているはずだ、それを勇気づけてあげるのが我々だろう?」
緑「そうですね!では行ってきます!」








緑「あなたさーん!」
『!デクくん!』
緑「元気そうで良かった!」
『デクくん…皆に言ってないよね?』
緑「うん、もちろん…でも…」
『分かってるよ…いつまでも隠せられる訳じゃない。』
緑「・・・。」
『それに、いつまでもここにいる訳にはいかない。』
緑「!」
『フフッ冗談♪』
緑「あなたさん!」
『・・・。』
緑「皆すごく心配してる…だから…居なくならないでね?」
『・・・。ごめんね…』








ごめんねデクくん…それは聞けない約束だよ
皆に心配させてるんだね…ごめんね
でも…皆が傷つく所見たくない
私が皆を守る。
何もかも思い出した。
焦凍と出会う前の事
小さい頃の記憶
爆豪君…いや〈かっちゃん〉といっぱい遊んだ事
そこにデクくんもいたな
悲しい…怖い…
でも〈あの男〉に勝たなきゃ
ありがとう皆




ありがとう焦凍









次回 何もあいつの事分かってあげられなかった…

お楽しみに…