無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第32話

会いたいよ…
迅「君はどこまで人を悩ますつもりだ?」
「やはりロック解除出来ません!」
迅「いい加減にして欲しいんだが…」


私はこの施設の全てのロックを個性でかけた。後の手段として隠していたけど…物にワープをかけて動かす事も個性で出来る。でも、体力が減るのが早くなる


『勝手に言ってなよ…』
ヒーロー達が動き出したな…あと少しだ、あと少し頑張れあなた!
























ドッッッッカァァァンッ!



やっと来た。





ありがとうヒーロー




ありがとう皆











迅「やれやれ…厄介だね。うーん…でもこの状態なら少し有利だね、あなたロックを解除するんじゃないよ。後、あなたの鎖を解いてくれ。」
「はい」
『どこへ行くんだ?』
迅「奴らのところ」















オ「迅牙よ!魔村少女を返して貰おう!」
迅「何を言う?この子は私のものだよ?」
爆「ふざけんな!あなたのものだと思うんじゃねぇ!」
迅「なんかうるさいのがいるね。あなた」
『ヴッ』
1A「あなた!/あなたちゃん!」
轟「許せねぇ…あなたをこんな目に合わせて」
緑「僕らで助ける!待っててねあなたちゃん!」













私を助けてくれる人がこんなにもいるなんて…
ホントは怖い
すごく
でも、私も戦わなきゃ!








正面巨大ドアロック解除










早く皆に会いたいな…