無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第26話

気に入った
轟「あなた!こっちに来い!」
『うん!』
迅「あの男の子…個性をふたつ持っているのか?まぁ…気に入った」











さっき迅牙が言った言葉…
まさか焦凍を連れて帰って私の代わりに実験台にするつもりじゃ…
そんな事絶対にさせない!







迅「あなた!いい加減にしなさい!」
『いやだ!もうあんたの指図は受けない!』
轟「俺を連れてくつもりなんだろ?」
『!!…やだよ…そんな事絶対にさせないよ!』
轟「行かねぇよ…お前を置いて行けるかよ…」
迅「ほぉー2人とも気付いているのか…それは好都合だ」














ドッカアアアアッン!













『焦凍ぉ!!』
轟「ヴッ…」
迅「ハハッ…あなた、君に選ばせてあげるよ。君が帰るか、君の代わりにこの子が来るか…どうする?」
『ッ…最低…』
迅「なんとでも言えばいい…さぁどうする?」
轟「あなた…」
『(ごめん…ごめんね皆…)』
麗「あなたちゃん!」
蛙「ダメよ行っちゃ!」
切「あなた!」
上「あなた行くな!」
爆「あなた…」











『ごめんね焦凍…迅牙、焦凍を離して。帰る…』
迅「フゥ…やっとか行くぞ。弔くん条件達成だよ」
死「んじゃ行くか、黒霧」
黒「はい」
『ごめんね皆…楽しかったよ』


















あなた、行くな…














クッソ…あなた俺が必ず助けてやるからな