無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第42話

あいつを頼む
爆「ヴッ…」
轟「ん?爆豪起きたか?」
爆「半分野郎…なんでてめぇが?」
轟「さっきまであなたもいたけどな、事情聴取とかで行った」
爆「そーかよ…」
轟「なぁ爆豪…俺、あなたの事守れんのか?」
爆「は?」
轟「例えあなたと付き合って結婚してってなってもあなたを守れねぇような気がして…」
爆「なんでてめぇはそう思ったんだ?」
轟「え?」
爆「なんであなたを守れねぇって思ったんだ?」
轟「…さっきお前が眠ってた時あいつが言ってただろ?黒瓏ってやつが
"私はお嬢様の味方でした"
って…あれがどういう意味なのか話してたら途中でお前の話が出てきた。楽しかったって…俺よりお前の方があなたを楽しくて幸せになれるんじゃねぇかな?って思ったんだ。」
爆「・・・。お前はそれでいいんかよ…」
轟「あぁ…あなたが幸せになれるならそれでいい。」
爆「…分かった。」
轟「その代わり、泣かせたら許さねぇぞ」
爆「泣かせるか!幸せにし殺すわ!」
轟「殺すな」
爆「察しろ、天然野郎!」
轟「まぁとにかく…





あなたを…

あいつを頼む」

爆「おう…任せろよ」



ガラガラ

『あ!かっちゃん起きてる!』
爆「あなた…」
『待っててみんな呼んでくる!』
轟「いや、俺が行く」
『?…うん』




『かっちゃん、もう大丈夫なの?』
爆「あぁ…なぁ、俺と半分野郎が1回喧嘩してただろ?」
『ん?…あぁ、あったね』
爆「あれはお前の取り合いだったんだよ」
『私?なんで?』
爆「俺もあいつもお前の事が好きなんだよ」
『え?!//』
爆「それで怪我してたんだよ」
『え?…そ、それってつ、つまり…か、かっちゃんが私の事…好きって事?!』
爆「あぁ…んで半分野郎に頼まれた。
"あなたを頼む"
ってよ」
『焦凍…』
爆「俺は…お前が好きだ!だからまたお前と楽しくて幸せになりてぇ!だから付き合ってくれ!」
『かっちゃん…うん!』
ギュッ

爆「あなた…ありがとな」

『かっちゃん…ありがとう』






















一方その頃…





切「バクゴーぉぉぉ!」
上「ついにやり遂げたな!」
耳「でもさ…よかったの?轟」
轟「あぁ、問題ねぇ…あいつがあなたを泣かせたら速攻で取り戻す」
緑「ア、ハハハハ…」