無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第23話

迅牙
迅「あの子はまだ見つからないのか?」
「はい…」
迅「そうか…もう少し探す範囲を広げてくれ」
「かしこまりました」











あなた…
君はどこへ行ったんだ?
私たちには君が必要なんだよ。
正しくは君の"個性"だがな




















迅「雄英高校?」
「はい、雄英高校です。彼女はそこにいるかと」
迅「ふぅん…先生に繋いでくれ」
「ま、まさかあの人に!」
迅「あぁ…協力を申し込む。聞いた事があるんだ、《死柄木弔》と言う男の名前を…」
「かしこまりました。」











オールフォーワン「魔村あなた?」
迅「あぁ、この前実験室で見せた女の子さ」
オ「あーぁあの面白い個性の…その子が雄英に?」
迅「あぁ、取り戻そうかと思う。だから前に言っていた《死柄木弔》と言う男に協力して貰いたいんだ。我々は自由に動けない…だからこそ彼に動いて欲しいのだ。それに彼は雄英高校に何かしらの関係があると言っていただろう?」
オ「あぁ…黒霧、弔を呼んでくれ」






死「なんだよ先生」
オ「彼に協力して欲しいのだ、迅牙だよ。」
迅「君か…初めましてだな弔くん」
死「あんたは何が望みなんだよ?」
迅「まぁ、うちのモルモットを連れ戻すだけなんだがな。雄英高校が絡んでいるそうだ…君の大きなその力で雄英生徒を潰してもらいたいな〜…」黒笑い
死「へぇ…あんた結構な気があるな〜気に入った、協力してやるよ。雄英生徒を潰そう」
迅「君もなかなかだな」