無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

恋?
翌日    



麗「あなたちゃんおはよう!」
『おはようお茶子ちゃん!』
麗「轟くんに倒れたって聞いたけど大丈夫やったん?」
『うん!元気だよ!』
麗「良かった〜」
耳「なんかあったらうちらに言うんだよ?」
『ありがとう!お茶子ちゃん、響香ちゃん!』(^^)ニコッ
麗&耳(天使がおる/いる)





その頃男子では…


轟「上鳴、ちょっと良いか?」
上「なんだ〜?」
轟「あなたといると楽しいって思ったり、嫌いって言われた時嫌な気持ちになったりするんだが心当たりあるか?」
切&上「?!」
上「それはな〜恋ってやつだな!」
轟「恋?」
切「例えば、あなたを守ってやりたいとか落ち着くとか思った事ないか?」
轟「ある。」
上「それが恋だよ!」
爆「ハッ…半分野郎も恋なんかするんだな」
上「お前はしなさそうだなw」
爆「なんか言ったかアホ面ァ"!」
切「落ち着けって爆豪!(逆にこいつ今の言い方だと、好きなやつがいるって事だけど…)」









次回! お前には負けないからな。
お楽しみに!(サボってました…ゴメンなさいm(_ _)m)