無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第18話

貴方じゃないとダメなのに。
《リクヲside》
えいちゃんという''太陽''がいなくなってから

アバハウスはまるで雲に包まれているような暗い雰囲気が流れていた。
あなたちゃんは部屋にこもりっきりでバイトまで辞めてしまった。

みっくんはえいちゃんがいない寂しさと孤独さからいつもフラフラしていて時にはどこかに消えてしまう。


そらは…
そらちぃ
そらちぃ
おいおいー、お前らなんだこの有様は??
そらちぃ
そらちぃ
あなたー!!!ご飯だよ〜!!
あなた

いらないよ。

そらちぃ
そらちぃ
栄養とらねえとダメだろ?肌荒れるぞ??
ツリメ
ツリメ
プリン…!!!
リクヲ
リクヲ
みっくんはプリンに目がない(笑)
あなた

…じゃあ食べるよ

いつもと変わらなかった。


きっとそらもそらなりに何か悩んでいるだろうし、寂しいだろうな。

でもリーダーとしてみんなを元気づけようと頑張っているのかな。


そら…無理しないでね。
《そらちぃside》
そらちぃ
そらちぃ
いただきまーす!
あなた

…いただきます。

ツリメ
ツリメ
プリン…!!!
リクヲ
リクヲ
ふふふっ、
えいちゃんから返事が返ってきてはや1週間。

まだえいちゃんは来ない

そろそろ来てくれないと、

俺も限界なんだよなぁ…笑
お前がいない未来は考えられねぇよ。

思い描く夢にもイメージのシナリオにも、いつもちゃんとお前がいるのに。

たった1週間いないだけで俺らはこんなにもなっちまってんだよ


どこで何してんだよ。早く帰ってきてくれよ…



そんなことを考えながら久々の4人でのご飯を楽しく過ごしていた





































ピンポーン































































続く 。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

れんれん🐰︎︎☁︎︎*.
れんれん🐰︎︎☁︎︎*.
まだ不意に 寂しくなってしまう 。 貴方が居ない世界は全て 灰色に見えるの 。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る