無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話

貴方じゃないとダメなのに。
《エイジside》
エイジ
エイジ
あー、やばいお腹空いた!なにかないかな〜♪
冷蔵庫を漁ってみたが何もない。お菓子すらない。
エイジ
エイジ
こんなに食いもんがねぇ家ぜってぇねぇわ(笑)
ん?廊下の方から音が聞こえる。あなたが何処かに行くのか?

丁度いいや。俺も一緒に行こ
エイジ
エイジ
まださみぃかな。一応暖かい格好していこー
俺はジャンバーを着てあなたを追いかけた。
エイジ
エイジ
あなた〜!!!ちょっと待って!
あなた

え、えいちゃん…(ビクッ

あなた

も、もうびっくりしたじゃん(笑)
どこか行くの?

エイジ
エイジ
それはこっちのセリフな(笑)
あなた

あー、えっとねあたしはぁ…そのぉ、コンビニにご飯を買いに。

エイジ
エイジ
あ、俺も俺も〜!一緒に行こう!
あなた

あーうん、まぁ。いいよ

エイジ
エイジ
よし!!じゃあ行こ〜♪♪










続く 。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

れんれん🐰︎︎☁︎︎*.
れんれん🐰︎︎☁︎︎*.
まだ不意に 寂しくなってしまう 。 貴方が居ない世界は全て 灰色に見えるの 。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る