無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

貴方じゃないとダメなのに。
《あなたside》
朝起きると私はまだ泣いていた。

時計は既に午前10:00を指していた。リビングからは賑やかな声が聞こえる。

でもこの顔ではとてもじゃないがリビングに顔を出す気にはなれなかった
あなた

とりあえずそらにLINEするか…

「帰ってきてたの?おかえりなさい。
今日はバイトの疲れもあるのか体調が悪くて…。ちょっと今日は寝てるね。」
あなた

送信。

すぐに既読がついて返事が返ってきた
そらちぃ
そらちぃ
『ただいまー!!大丈夫??ゆっくり休んでね。後でなにか持っていくね。』
正直何も食べたくなかったし誰にも会いたくなかった。でも何か食べないと不思議がられるし…

まぁそらならいいか。一応ありがとうって送っておこう。
あなた

はぁ…もう一回寝よ…

そうして私はまた眠りについた。
《そらちぃside》
ん?LINE??お、あなたからだ。

そういえば朝からいないな。体調悪いのか?
そらちぃ
そらちぃ
お?あなた具合悪いのか?
エイジ
エイジ
え、そらまた女とLINEしてんの?
ツリメ
ツリメ
え…(引
リクヲ
リクヲ
そら…見損なった…
そらちぃ
そらちぃ
バカっ!!!ちげぇよ!あなたからだわ!(笑)
あなた具合悪いんだって。だから今日一日寝てるらしいよ
リクヲ
リクヲ
あー、そういえば最近バイト頑張ってたもんね。
ツリメ
ツリメ
ゆっくり休んでてほしいね
エイジ
エイジ
あいつが風邪とか珍しっ!(笑)
あかね(えいちゃんの彼女)
あかね(えいちゃんの彼女)
確かにあなたちゃん風邪引かないしね…
エイジ
エイジ
後で俺行ってみるわ。
そらちぃ
そらちぃ
は?俺が行くんですぅー!!もうあなたには
俺が行くって言っちゃったもんねー!!
エイジ
エイジ
まぁいいや。俺にはあかねがいるし〜♡
あかね(えいちゃんの彼女)
あかね(えいちゃんの彼女)
えいちゃん…♡
全員
始まったよ…
そらちぃ
そらちぃ
冷蔵庫になんかあったっけ?
ツリメ
ツリメ
僕のプリンあるよ!あなたちゃんにならあげる!!
そらちぃ
そらちぃ
おっけ、俺が食べとく
ツリメ
ツリメ
まじそらさいてー!!
そらちぃ
そらちぃ
嘘だよばーか!!!(爆笑)







みっくんのプリンを持ってあなたの部屋に向かう。
















続く 。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

れんれん🐰︎︎☁︎︎*.
れんれん🐰︎︎☁︎︎*.
まだ不意に 寂しくなってしまう 。 貴方が居ない世界は全て 灰色に見えるの 。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る