無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第41話

貴方じゃないとダメなのに。
《エイジside》
久々に見た あなたは痩せ細っていた 。


だけどもあなたの魅力は相変わらずで


なんでもっと早く気づかなかったのか 。 過去の自分を殴りたくなる 。
ずっと …


待っててくれたんだよな … 。


俺なんかのことをずっと


待っててくれてたんだな …

ずっと俯いているあなたの方を向いて


あなたの手を取るのと同時に あなたはこちらを向く 。

そして 俺は意を決してあなたに想いを伝える 。
ずっと 暗い顔をしていた あなたの顔が少し歪んだきがした 。

俺だけの想いを伝えて 困らせたのかと思ったら


あなたはこちらを向いて
あなた

あたしも 。

そう言ってくれた 。


声は震えていたけど 必死に涙を堪えて


俺に今までの事を全て話してくれた 。

小さい頃から 俺の後ろにいたと思っていたあなたは


いつの間にか おおきくなっていた 。


今までとは違う


一つ成長したような瞳で 俺の顔を見つめる 。

長いこと待たせてごめんな 。


綺麗事は言えないけど



俺はずっとあなたのことを離せねぇよ 。


END ✧̣̥̇

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

れんれん🐰︎︎☁︎︎*.
れんれん🐰︎︎☁︎︎*.
まだ不意に 寂しくなってしまう 。 貴方が居ない世界は全て 灰色に見えるの 。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る