無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第17話

貴方じゃないとダメなのに。
《エイジside》
エイジ
エイジ
あかね〜、お風呂上がったよ〜ん
あかね(えいちゃんの彼女)
あかね(えいちゃんの彼女)
わかった〜!
お風呂から上がってきていつもの癖(日課のようなもの)でスマホを開く。

するとLINEの通知がきた
エイジ
エイジ
ん?お、そらからか。
そらちぃ
そらちぃ
『えいちゃん、ごめんあなたちゃんから全部聞いたよ。
無理にとは言わないけどアバハウスに顔をだしに来てくれない?
みっくんがずっと落ち着かないし。動画も撮れないし…
あなたちゃんと会うのが嫌だったり、気まずいって言うようなら
動画投稿を休むっていう手もあるんだけど。
えいちゃんの気持ち次第だから考えておいて。
何回も言うけどムリにとは言わないから。』
珍しくそらから長文のメッセージだった。


俺だってアバハウスに戻りたい

あなたの顔を見てちゃんと話し合いたい。

でも俺の心が落ち着かないからどうしようもできない。

だからといって動画投稿を休んでリスナーに迷惑をかけるわけにもいかないし…
エイジ
エイジ
どうしたらいいんだよ…
 俺はただ頭を抱えて悩むことしかできなかった。


悩みに悩み抜いた末に出した決断は
エイジ
エイジ
『わかった。アバハウスに行くよ。』
やっぱりあなたとちゃんと話し合いたい。







その後俺が送ったメッセージに既読がつくことは無く仕方なく俺は寝た

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

れんれん🐰︎︎☁︎︎*.
れんれん🐰︎︎☁︎︎*.
まだ不意に 寂しくなってしまう 。 貴方が居ない世界は全て 灰色に見えるの 。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る