無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
147
2021/09/20

第7話

桃赤『我慢』
最近上手くかけなくて泣きそう……
俺はみんなに認められないといけない
100万人の人の期待に答えないといけない
ッふぅ、
今日寝てないな、
俺はもうしばらくまともな睡眠を取ってなかった
きっかけはエゴサでのある人のつぶやき
『りいぬってぶっちゃけすとぷりの中でなんもしてないよな笑いる意味無さすぎ笑』
ッ、
『りいぬの笑顔ってなんか人間っぽくないって言うか、嘘の笑顔だよね』
そんな事言われてもメンバーはきっとそんなこと思ってないって
心の中で思ってた
りいぬくんさ、俺たちが頑張ってる時何してるの?
えっ、?
いや、なんかいっつも漫画とか読んでるよねって
あ、、ごめんなさい、
別に謝って欲しいわけじゃないんだけど……
……
頑張らなきゃいけない
頑張らないとここにはいられない
認められないと、
それから俺は必死でやった
1日2時間の睡眠で
動画を撮ったり、売り込み、ほかのメンバーの編集、なーくんのお仕事の手伝い、
死ぬほど頑張ってる
なんなら死んだ方が楽なんじゃないかとも思ってる
でもね、
りいぬくんさ、
ッ、?はい、?
なんか最近会議でも手抜いてない?
やる気ないとか応援してくれてるリスナーさんに悪いと思わないの?
俺っ、頑張ってます、
そうは見れないな、
″もっと頑張って″
努力が足りない
もっともっともっともっともっと
すぅッ、
LINE







なーくん:今日4時から会議ね
遅れずに!


了解です:
今日も会議か、
最近は色んなことがあってもっと忙しくなって俺はほぼ睡眠なんかとってない。
ご飯すらも食べてない
はーい。みんな揃ったから会議始めるよ!
、?りいぬ。大丈夫?
フラッ、えっ、?
いや、ふらついてるし、目のクマもすごい。
あー、うん、大丈夫だよ、!笑
昨日漫画夜中までずっと見てたんでしょ、笑
会議あるのに、笑
やめてよね。
ッ、ごめんなさい。
、??
会議が終わり~
はぁッ、ひゅッ、
やばい。息が荒くなってきた
早く帰らないと、
おい、りいぬ
っ、?何、
お前大丈夫か?
え、何さとちゃん。笑
俺なら大丈夫だよ
今日ずっとぼーっとしてて顔色も悪い
てかお前痩せすぎ
ご飯食べてんの?
食べてる。
食べてるから関わらないで、
ッはぁ、?
ねえりいぬくん。
最近態度悪いんじゃない?
りいぬくんはさ漫画とかばっかり読んでるけどおれたちはみんな頑張ってるの。
さとみくんの気持ちも考えて。
ッ、
我慢しなきゃ。
これも全部俺が悪いから
俺の努力不足だから。
すみませんっ、
俺、帰りますね。
なにあいつ、
いーよほっといてあげて
桃視点
最近りいぬの様子がおかしい。
返答もまともじゃなくなってる。
けど今日心配して声かけたのに関わらないでとか、
ちょっと俺もいらっときた。
あいつなんて知らない。
ッはぁ、はぁ、
やばい
息ができない。
手足が痺れる。
でも頑張らないと。
我慢しないと。
みんなに認めて貰えるように。
ゴホッゴホッ
ピチャッ
えっ、
咳をしたら俺の口から血が出てきた
はッ笑ははッ、
俺、死ぬのかなぁ、笑
視界も何も見えなくなってきた
バタッ
ねぇさとみくん。
りいぬくんと連絡つかないんだけど
何か知らない?
知らないっすね。
寝てるんじゃないですか?
いや、もう2日も連絡取れない
はぁッ、心配ばっかかけやがって、
ほんと、笑
ごめんけどちょっと様子見てきてもらえる?
はい、わかりました
りいぬくんの家
りーぬー
お前何やってんだよ
連絡もせずに
、?
返事がない。
家にいるはずだよな、?
はぁまた寝てんのかよッ(ボソッ
あけるぞー
ッ、!?
ドアを開けた瞬間真っ暗でゴミで溢れていて、つーちゃんもコタもドアをカリカリしていた
どうした、?お前たちのご主人様は?
ずっとドアをカリカリしている
きっとこの中にいるんだろう。
おいっ、りいぬ、!
、!!?!!
ドアを開けると、前よりずっとずっとやせ細ったりいぬが倒れていた
りいぬ!?大丈夫か!?
、!
血、?
りいぬの体を見る限り怪我はしてない。
口から出た血、?
やばい。
なーくん!!!!りいぬが、
えっ、
すぐさまなーくんに知らせ、救急車を呼んだ
りいぬは病院に運ばれたが重症で意識は戻らず息をするのもやっとらしい。
医者
睡眠不足、ストレス、栄養失調からきたものですね。
医者
何かご存知ですか?
ッいえ、
……
その後りいぬのスマホを見ると何時間もパソコンで編集してた記録が残っていた。
ッりいぬは、ずっと、
漫画見てたり寝てた訳じゃなくて、寝ずにずっと編集してたってこと、?
ッ……
医者
もうりいぬさんが倒れてからきっと2日はたっていらっしゃるので直るのは厳しいかと…
医者
今夜が山だと思います。隣に付き添っていてあげてください。
嘘、だろ、?
なぁ、りいぬ、
あんなに笑ってたじゃん、
ゲームだって一緒にやろって、言ってたじゃん、
今度酒の飲み比べしよって、
俺の家早く行きたいって、さとちゃんの匂い大好きだって、あと10年は一緒にいようねって言ってたじゃん、
りいぬが元気だった頃の思い出ばかり思い出す。
なぁッ、なぁッ、?
…………
りいぬ、ごめん、
あの時もっと、気づいてれば、止めてれば、
りいぬくん、ごめん、ごめんね、ポロポロ
なーくん、
その後メンバーやスタッフに見守られながら莉犬は目を覚まさないままこの世を去った。
俺、、俺のせいで、ッ
俺があんなこと言ったからッ、
りいぬの気持ちも何もしれなかった。
もっと気にしてあげればよかった。
そんな後悔ばかりが残る。
さとちゃんっ!
そんなりいぬの声と笑顔だけが俺の脳裏に焼き付いてる。
けど二度と見れないこの笑顔。
リスナーさんもみんな驚いていた。
驚いていたどころじゃない。
自殺をする人までいたくらいだ。
ほら、りいぬ、見ろよ、
お前を必要としないやつなんて居ないんだよ。
お前がいないだけでみんなこんなになっちゃうんだよ。
りいぬ、ごめん、会いたいッ、
まあーた死ネタになっちゃったにょおおおおおおおおおおん