無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

131
2021/09/08

第6話

桃赤『愛が知りたいの。』
投稿が、全然出来てなくて、ごめんね🥲
ももあかいっきまーす!!!


✄-------------------‐------------------------------------‐✄
俺は愛を知らない。
俺は片親で、その母親さえにも暴力を振られていた。
誰かを愛した記憶も愛された記憶もない。
そもそも愛が何か分からない。
だから今日も嘘をつく。
るぅちゃん!
愛してるよ!!
愛なんて分からないくせに
気持ちのない空っぽの言葉を吐く
ッ!?/////僕も、愛してます、///
えへへ~
彼氏が出来れば
愛を知ることが出来ると思った
あ、い、?
いや、この人からは愛は感じられない
何がほんとで何が嘘かもわからなかった
あのさ、りいぬ。僕のことほんとに好き?
あっ、いや、うん。好きだよ。
……
アイドルになれば
ファンを愛せると思った
みんな~!!!!愛してるよ~!!!
だけど俺は嘘を吐いてばかり。
本当になることなんてなかった
綺麗な嘘を吐いて本当になることを願っていた。
わ、握手会開くんですか?
何気に初ですよね笑
そーね
今回の握手会は広いところで行うわよ
わー!やったあ!
マネージャーさんありがとうございます、!だいすき!
、笑
たくさんのファンが来てくれるはずだわ、
頑張ってね
はい!
また愛を吐くんだ。
握手会でも、LIVEでも。愛を知るために。
握手会当日
今日は来てくれてありがとお~!
愛してるよ!!
俺は当然握手会でも綺麗な嘘を吐いた
はーいお次の方ー
あっ、!はい!
わー!今日は来てくれてありがと~!
さとみ、さん?っていうんだね!
りいぬくん。俺りいぬくんを愛してるんです。可愛いところも努力家なところもドジな所も、未完成じゃないところも。
ッ、?
ッ、て、俺何言ってるんだろ、
大好きって言いたかっただけなのに
あれ、なんか心臓がどきどきする。
なにこれ
病気とか?
握手会なのにどうしよ、
あ、えっと、あの、
はーいお時間でーす。
あ、はい。
またね、笑
ばいばい
ッ!
まっ、て、!
へ、?
この後、話したいの。
だから、待っててほし、い、
あぇ、?う、うん、?
行かないで欲しい。
こんな気持ち初めてだった
残りの握手会は全く集中出来なかった
あっ、
待たせちゃってすみません。
もう終わりました
あ、はい、笑
お疲れ様でした笑
ところで、どうしました、?
ッ、
まともに話せない。
あー、えっともしかして気持ち悪かったですかね、
愛してるとか言っちゃったから、笑
ちがッ、!
俺も、!あ、あい、……
ん、?
なんでだろう。
嘘が言えない。
いつもは簡単に出てくるのに。
なんでっ、!なんでっ、!
言わないと、!
ポロポロ
えぇ!?どうしたんですか、ほんとに、
というか大丈夫ですか?
お話良かったら聞きますよ、?
ああ、そうか。
あいが吐けなかったのは
この愛はうそじゃなかったからなんだ。
ねぇッ、ポロポロ
俺、君のこと、愛しちゃったポロポロ
へっ、?
おれのこと、?
君が好きで好きでたまらないみたいポロポロ
俺も、好きで好きでたまらないよ。愛してる。
ッポロポロ
俺と、付き合ってくださいッ、!
ポロポロ
こんな俺でよければ、!ポロポロ
愛を知らなかった俺が
こんなにも暖かく
胸が締め付けられるような恋ができるのは
きっとこの、愛で溢れた人にしかできない。
やだぁ!没ったあ😭😭😭😭😭