無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

225
2018/12/31

第11話

第10話








あれから家に帰りそのままベッドへダイブする
あなた
あなた
はぁ。
この前までは"絶対に振り向かせる"なんて言っていたのに今では君が笑っていればそれでいいなんて思ってしまっている
でもジミンとツウィが話しているところを見るとどうしてもそう思ってはいられなくなる
人の背中は押せても自分自身は全く前に進まない
こーゆー時、誰に相談しよう。
ナムジュン?
うん、まともに聞いてくれそうだ。でもちょっと恋愛相談はしにくい。
ジン?
ダメだ。あの人はずっと窓拭いてるから。
ユンギ?
ダメだ。塩すぎる。絶対寝る。
ホソク?
優しく聞いてくれそう。いやでもちょっとテンション高すぎかな。
ジョングク?
うーん。ずっと抱きついて話聞いてくれなそう。
やっぱテヒョン?
この前相談したし、テヒョンが適任か。
考えに考え結局テヒョンに相談することにした私は早速LINEを送る





〜LINE〜
あなた
あなた
テヒョン
テヒョン
テヒョン
お!どーした?ヌナ
あなた
あなた
ちょっと相談があって…
テヒョン
テヒョン
何かあったの?
あなた
あなた
明日OFFだからさ、また私の家来てくれない?
テヒョン
テヒョン
うん!分かった!
あなた
あなた
ごめんね、せっかくのオフなのに
テヒョン
テヒョン
大丈夫だよ!ヌナのためだもん😁
あなた
あなた
ありがとう😊
テヒョン
テヒョン
じゃ明日!
おやすみ〜
あなた
あなた
おやすみ!
〜終わり〜
あなた
あなた
あ、そういえばテヒョンもツウィと連絡先交換したんだよな〜
あなた
あなた
明日は進展あったか聞かないと♪
ジミンには悪いけど2人が上手くいくことを願いその日は眠りについた