無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

236
2019/01/18

第19話

第18話
あなたside
私はプロデューサーさんに呼ばれ次の出演のオファーをされスケジュールを確認していた
今はその帰りで廊下を歩いている
あなた
あなた
(今の部屋から楽屋まで結構遠いんだよなぁー)
なんて思いながら歩いていると少し前を俯きながら歩くジミンを見つけた
あなた
あなた
(あ、ジミンだ)
私は駆け寄りジミンに声をかけた
あなた
あなた
あれ?ジミンどこいってたの?
そう声をかけるとパッと顔を上げた
しかしジミンは何も言わない
心配になりそっとのぞき込んだ
あなた
あなた
ジミン?
ジミン
ジミン
っ、
ぎゅ



すると突然ジミンが抱きついてきた
あなた
あなた
?!、ジミン//
ジミン
ジミン
ヌナ、ふられちゃった
あなた
あなた
っ、
あなた
あなた
(告白、したんだ。)
ジミンは私を抱きしめながら泣いている
あなた
あなた
(タイミング、最悪だな。)
私の好きな人が振られて泣いている
正直複雑な状況だ
君が泣いている姿なんて嫌なのに振られて安心している自分がいる。
あなた
あなた
そっか、よく頑張ったね
そんな思いを隠し私は彼の頑張りを讃えた
ジミン
ジミン
ありがとう、ヌナ。
あなたヌナがいて良かった
あなた
あなた
っ、
君がそんなことを言うから気持ちが抑えられないんだ
あなた
あなた
私は、ジミンが好きだよ
まだ、伝える気はなかったのに勝手に口から出てしまった
ジミン
ジミン
……
あなた
あなた
(困らせちゃったかな)
ジミン
ジミン
えへへありがとうヌナ☺️
慰めてくれて
あなた
あなた
っ、うん
あなた
あなた
(そんなつもりじゃないのに)
君にやっとの思いで伝えたこの思いも伝わらないまま儚く散った
私とジミンは無言で楽屋に戻った















































泣いた人ぉーー!!!!ㅋㅋ