無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
231
2019/03/05

第24話

第22話
今日は音楽番組の撮影日、大御所の方から新人まで出演する番組だ。
もちろんそこにもBTSは呼ばれ私もマネージャーとして彼らに付き添う
そこで1つ問題が発生した
先程スタッフの方に呼び止められたと思えば今日はスペシャルゲストにスンリさんが来るらしい
あなた
あなた
(そんなの、聞いてないんですけど。)
なぜ撮影日にそれを言う?スペシャルだから?急遽そうなったとか?
なぜ私がこんなにも取り乱しているかというと
彼、スンリさんは私がBIGBANGのマネージャーをしていた時の彼氏だ。
そう、いわゆる"元彼"なわけだ。
スンリさんは女遊びが激しく耐えられなくなった私は彼に別れを告げた
まぁスンリさんは私の事なんて眼中に無くてきっと忘れているだろう。
というわけで今、いや今後もできれば会いたくない人なのだ。
あなた
あなた
(最悪だ。)
グク
グク
?、ヌナ?どうしたの?
あなた
あなた
ん?、なんでもない
ジミン
ジミン
なんか、元気ない?
ユンギ
ユンギ
さっきのスタッフに話しかけられたあたりから元気ないな
ホソク
ホソク
なんか言われたの?
テヒョン
テヒョン
えーどーしたのー?
あなた
あなた
い、いやほんとに大丈夫だから
ナムジュン
ナムジュン
そう?
ジン
ジン
何かあったら言うんだよ?
あなた
あなた
は、はーい
言えない。スペシャルゲストなんでメンバーにも言うなと口止めされていることもあるが
君たちが憧れたであろうあのBIGBANGのスンリさんが私の元彼で別れた理由が彼の女遊びということもあり会いたくなくて元気がないなんて口が裂けても言えない。
あなた
あなた
ジミン
ジミン
(ヌナ…?)
スタッフ
BTSさん出番です!
準備お願いします
ナムジュン
ナムジュン
はーい
ホソク
ホソク
よし、行こー!
出番であるメンバーと舞台袖で待機する
あなた
あなた
皆頑張ってね!
BTS
BTS
ありがとう!
彼らをステージへ送り出し、私は舞台袖で見守る。
あなた
あなた
(今日もかっこいいな)
なんて主にジミンを見ながらぼーっとしていると後ろから足音が近づいてきた
あなた
あなた
ビクッ
あなた
あなた
(も、もしや…)
そういえばスンリさんが登場するのはBTSのステージの後
ということは今後ろから近づいてきている人は99.9%スンリさんということになる
コツコツ
その足音が私に近づく度冷や汗が止まらず心臓も嫌な音をたてる
あなた
あなた
(や、やばい。)
ついにその足音は私の隣で止まった
あなた
あなた
スンリ
スンリ
あの
あなた
あなた
は、はい
スンリ
スンリ
初めましてBIGBANGのスンリです。
よろしくお願いします!
防弾少年団のマネージャーさんですか?
あなた
あなた
あ、はい。(あれ?気づかれてない?)
スンリ
スンリ
お名前は?
あなた
あなた
え、とあなたです((ボソッ…
スンリ
スンリ
?、すいませんステージの音で…
MC1
続いてはなんと!スペシャルゲスト、BIGBANGのスンリさんです!!
キャーー
黄色い歓声と共にMCの声が会場に響く
どうやらスンリさんの出番のようだ
あなた
あなた
(ナイスタイミング)
スンリ
スンリ
あ、じゃあ僕行きます((ボソッ…
あなた
あなた
はい
スンリさんがステージへ出ていく
あなた
あなた
はぁ、助かった。
名前はまずいから聞こえないように小声で言ったけどタイミングよく呼ばれて良かった。
























こうして撮影も終え楽屋で帰りの準備
ホソク
ホソク
やースンリ先輩かっこよかったなぁー
ジミン
ジミン
そうですね!
グク
グク
憧れます!
ユンギ
ユンギ
楽屋に挨拶とかしなくていいのか?
ナムジュン
ナムジュン
あーそうですね
あなた
あなた
テヒョン
テヒョン
スンリ先輩に会いたい!
ジン
ジン
あなた行く?
あなた
あなた
え、あぁそうだねーー
コンコン
ナムジュン
ナムジュン
はーい?
ガチャ
スンリ
スンリ
やぁ!防弾少年団お疲れ様〜
あなた
あなた
?!
思わずジミンの背中に隠れる
ジミン
ジミン
?、ヌナ?
スンリ
スンリ
?、あれ?マネージャーさんは?
ジン
ジン
あなたならここにいますよ
あなた
あなた
(ソクジーン!!!)
スンリ
スンリ
あ!いた!って…あなたじゃん!
あなた
あなた
あ、(覚えてるんかーい!)
スンリ
スンリ
さっきは暗くて分かんなかった
あなた
あなた
そうですか
スンリ
スンリ
あれー?なんかあなた冷たくない?
あなた
あなた
そんなことないですけど
BTS
BTS
???
テヒョン
テヒョン
スンリ先輩とヌナ仲いいんですか?
あなた
あなた
(今のどこを見て仲がいいと思ったんだいテヒョンくん)
グイッ
あなた
あなた
スンリさんが私の腕を引っ張り腰に手を回した
スンリ
スンリ
だって俺の彼女だから
あなた
あなた
(何を言ってるんだこの人、しかもジミンの前で…)
BTS
BTS
え?!
テヒョン
テヒョン
(スンリ先輩が彼氏とか聞いてないぞ、ヌナはジミンが好きなんじゃ…)
ジミン
ジミン
(スンリ先輩が、ヌナの彼氏…)
私は直ぐに手を振り払いスンリさんから離れる
あなた
あなた
違います
スンリ
スンリ
なーんだもう俺のこと好きじゃないの?
あなた
あなた
嫌いです
グク
グク
それで結局ヌナとはどーゆーご関係で?
スンリ
スンリ
あぁ、元彼女と元彼の関係だよ。
テヒョン
テヒョン
(あぁ、なるほど。)
ジミン
ジミン
(はぁ、よかった。)
グク
グク
そうですか(`‐ω‐´)
ヌナラブのジョングクはスンリさんに敵意丸出し
スンリ
スンリ
ねぇあなたこの後久しぶりに食事でもどう?
あなた
あなた
行きません。
お1人でどーぞ。
スンリ
スンリ
ほんと冷たいなぁー
あの頃は俺に…
あなた
あなた
っ、うるさいです!
早く帰ってください!
スンリ
スンリ
はいはい、また会いに来るね〜
あなた
あなた
結構です。
スンリ
スンリ
じゃ、お先に失礼するね
バタン
あなた
あなた
はぁ、
ユンギ
ユンギ
だから元気なかったのか
あなた
あなた
そーゆーこと
グク
グク
(⑉・̆н・̆⑉)むぅ…
むくれるジョングクの頭を撫で癒される
あなた
あなた
はぁ
そして本日何度目かのため息をつく
ジミン
ジミン
大丈夫?
あなた
あなた
う、うん。大丈夫
ジミン
ジミン
そっか。無理しないでね
あなた
あなた
ありがとう(好き…危ない気持ちを口に出して言ってしまいそうになった。)
ジン
ジン
さて、帰ろうか。
BTS
BTS
うん















ーーーーーーーーーーーーー
帰宅したジミンは今日のことを思い出す
ヌナの腕を引っ張り腰を抱くスンリ先輩はかっこよくて思いたくないけどヌナとお似合いだった。
ヌナはもう嫌いとは言っていたけど女性が喜びそうなことをすんなり出来てしまうスンリ先輩のもとへ簡単におちてしまいそうで
そんなマイナスな事しか頭に浮かばない
前まではヌナを好きになっていいのかすらも迷っていた
でもそれは、逃げてただけだ。ツウィちゃんを好きでテヒョンと取り合った時だって少し遠慮してた。僕はいつも逃げてばっかりだ。
でも今日、僕はヌナをスンリ先輩には取られたくないと思った。
ジミン
ジミン
(もう逃げたくない。)








'
ジミン
ジミン
(僕は本気でヌナが…)

































'
ジミン
ジミン
(好きなんだ。)










ーーーーーーーーーーーーーーーーー
その頃スンリもあなたのことを考えていた




数年前俺の元を離れた彼女




大抵の女は俺が他の女と遊んでいても甘い言葉とお金に誘われてそばを離れようとしなかった



でもあなたは違った



最初は俺の言葉に照れたり素直で可愛かったが途中からほかの女の存在に気づいたのかどんなに甘い言葉を囁きブランド物のプレゼントをしても頬を染めることも無ければ笑うことすらなくなった



挙句の果てには俺の元を去っていった



あなたを失って初めて彼女に興味を持ち始めた



簡単に俺のもとを離れられる女は初めてだった



だからこそもう一度手に入れたいと思った


しかし自分の仕事も忙しくなかなか捕まえることが出来なかった



だから今日やっと会うことができてラッキーだと思った



防弾少年団のマネージャーと分かればこれからはどこにいるのか手に取るように分かり簡単に会うことが出来る
スンリ
スンリ
会えて嬉しいよ、あなた。























'
スンリ
スンリ
これからが楽しみだ。























(。-ω-。)----------キリトリ線----------(。-ω-。)


作者どす。



あなたヌナの元彼はBIGBANGのスンリさんにしましたー!!!



コメントありがとうございます☺️



スンリさんなんか、怖くなってません?




大丈夫ですか??笑笑



イメージと違う展開ですよねすいません😖



このままでよろしければ是非コメントへ笑