無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

345
2018/11/25

第3話

第2話
月日が経ちBTSのマネージャーにも慣れ、BTS達ともより仲が深まった
そして最近なぜかジミンと話すと変に緊張してしまう
あなた
あなた
(なんでかなー)
ジミン
ジミン
あなたヌナ〜!
あなた
あなた
ど、どうした?ドキドキ
あなた
あなた
(ほらまた、ドキドキしてる)
ジミン
ジミン
明日ってOFFだっけー?
あなた
あなた
うん!そうだよ、ゆっくり休んで!
ジミン
ジミン
うん!明日さBTSハウスにこない?
あなた
あなた
え、私が?
ジミン
ジミン
うん!皆で話したんだけど、あなたの素あんま見たことないってなって家に呼んでみようって😄
あなた
あなた
あー、なるほど〜ㅋ
ジミン
ジミン
そうそう!だから明日の10時くらいにBTSハウスきて!
あなた
あなた
うん、分かった!
ジミン
ジミン
あ、ちなみにお泊まりだから着替えとか持ってきてね〜
あなた
あなた
え?!
ジミン
ジミン
じゃ、ダンスレッスンしてきまーーす
あなた
あなた
ちょっ、
あなた
あなた
ジミンーー!
ジミンは要件を伝えると颯爽とレッスンへ行ってしまった
あなた
あなた
行っちゃったし、、
あなた
あなた
泊まりって、、























、'
あなた
あなた
大丈夫かな私