無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

211
2019/01/08

第15話

第14話


今日の仕事を終え、楽屋から抜け出しLINEでツウィちゃんを呼び出す
テヒョンside
テヒョン
テヒョン
ふぅ
僕は小さく深呼吸し呼び出したツウィちゃん待つ
テヒョン
テヒョン
(大丈夫。頑張れ僕。)
タッタッタッ
ツウィ
ツウィ
て、テヒョンさんっ
テヒョン
テヒョン
は、走ってきてくれたんだ//
ツウィ
ツウィ
は、はい//
ツウィ
ツウィ
どうしたんですか?
テヒョン
テヒョン
あのね、僕。






























'
テヒョン
テヒョン
ツウィちゃんが好きなんだ。
テヒョン
テヒョン
(言ったぞっ//)
ツウィ
ツウィ
えっ?!///
テヒョン
テヒョン
急にごめんねっ!
ずっと伝えたくて…
テヒョン
テヒョン
良かったら僕と付き合ってください
ツウィ
ツウィ
っ、///
テヒョン
テヒョン
その顔、期待していいの?
ツウィ
ツウィ
は、はい
嬉しくて…
ツウィ
ツウィ
私も好きです。
お願いします😂
テヒョン
テヒョン
っ、///
テヒョン
テヒョン
やったぁー!!!
ツウィ
ツウィ
わっ!ㅋ
テヒョン
テヒョン
あ、ごめん
嬉しくて😅
ぎゅ
ツウィ
ツウィ
て、テヒョンさん?
テヒョン
テヒョン
テテオッパ
ツウィ
ツウィ
え?!
テヒョン
テヒョン
僕を呼んで?
ツウィ
ツウィ
ツウィ
っ///
テテオッパ
テヒョン
テヒョン
よく出来ました😁
チュ
2人は甘いキスを交わし幸せをかみ締めた