無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

231
2019/01/15

第18話

第17話
今日僕はツウィちゃんに告白する
ジミンside
ジミン
ジミン
(告白の前ってこんな緊張するっけㅋ)
ジミン
ジミン
(とりあえずテヒョンに報告っと)
ジミン
ジミン
テヒョン
テヒョン
テヒョン
ん?
ジミン
ジミン
今日、するね
テヒョン
テヒョン
っ、うん
テヒョン
テヒョン
頑張れよ
ジミン
ジミン
ありがとう☺️
テヒョンは優しい、きっとすごく不安なはずなのにこうやって応援してくれる。
心の中で謝りながら僕はツウィちゃんを呼び出した場所に向かった







その場所に着くともうツウィちゃんが待っていた
ツウィ
ツウィ
あ!ジミンさん!
ジミン
ジミン
(あぁ、心の準備整ってないのに)
ジミン
ジミン
ごめんねツウィちゃん
ツウィ
ツウィ
いえいえ!☺️
ツウィ
ツウィ
それで、何かの相談ですか?
ジミン
ジミン
ううんちょっと伝えたいことがあってね
ツウィ
ツウィ


























'
ジミン
ジミン
僕、ツウィちゃんが好きなんだ
ツウィ
ツウィ
えっ?
ツウィ
ツウィ
ツウィ
ツウィ
ありがとうございます。でもごめんなさい、私はテテオッパが好きなんです。
ジミン
ジミン
(あぁ、振られた、)
ジミン
ジミン
うん、僕の気持ち聞いてくれてありがとう☺️テヒョンとお幸せにね!
ツウィ
ツウィ
はい、ありがとうございます!
ツウィ
ツウィ
あ、時間なので行きますね!
失礼します
ジミン
ジミン
うん
ツウィちゃんの後ろ姿を見送りながらただその場に立ち尽くした
ジミン
ジミン
(振られるって分かってても辛いな)
ただ涙は流れなかった






楽屋への廊下を俯きながらとぼとぼ歩く



すると
???
あれ?ジミン?どこいってたの?
突然声をかけられパッと顔を上げた
あなた
あなた
ジミン?
そこに居たのは心配そうな顔をしたヌナだった
ジミン
ジミン
っ、
僕は思わずヌナに抱きついた
ぎゅっ
あなた
あなた
?!、ジミン//
ジミン
ジミン
ヌナ、振られちゃった
あなた
あなた
っ、
さっきは流れなかった涙が流れ出す
あなた
あなた
そっか、
あなた
あなた
よく頑張ったね
ジミン
ジミン
ありがとう、ヌナ。
あなたヌナがいて良かった
あなた
あなた
っ、
あなた
あなた
私は、ジミンが好きだよ
ジミン
ジミン
(え?、)
ジミン
ジミン
(ヌナが僕を?)
ジミン
ジミン
(違うよね、弟みたいな感じだよね)
ジミン
ジミン
えへへありがとうヌナ☺️
慰めてくれて
あなた
あなた
っ、うん。
ヌナは少し悲しげに微笑んだ
ジミン
ジミン
楽屋戻ろっか
あなた
あなた
そうだね
なんで僕はさっきよりもこんなに落ち込んでいるんだろう



ツウィちゃんに振られたことが今になって?








いや、違う。

















'
ジミン
ジミン
(ヌナが"弟"として僕に好きって言ったからだ。)





でもなんで好きって言われたのに落ち込んでるの?

























'
ジミン
ジミン
(僕はあなたヌナが好きなの?、)