無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

217
2019/01/07

第14話

第13話


テヒョンとジミンが自分の気持ちをぶつけ合ってから1ヶ月がたった
この1ヶ月間振り向いてもらうためにテヒョンも、ジミンもツウィにたくさんアプローチした
テヒョン
テヒョン
ジミナ
ジミン
ジミン
ん?
テヒョン
テヒョン
僕は今日、ツウィちゃんに告白しようと思う
ジミン
ジミン
え?
ジミン
ジミン
ジミン
ジミン
そっか、頑張ってきな
テヒョン
テヒョン
おう
テヒョンside
今日ツウィちゃんに告白することをジミンに伝えた
ジミンは、何も言わずただ応援してくれた
ジミンは告白しないのかな
もしするなら絶対負けたくない
テヒョン
テヒョン
ツウィちゃんは渡したくない



ジミンside
テヒョンはいつも真っ直ぐで何事も恐れず突き進む
そしていつも、僕を置いていく。
今日、テヒョンがツウィちゃんに告白することを報告してきた
僕なんて自信なくて告白なんてもう少し先のことだと思ってた
僕はテヒョンを応援した
僕は何を考えているのだろう
普通なら同じ日に告白するだろう
ジミン
ジミン
なんで、ヌナの顔が浮かぶんだろう。




ここまできて自分の気持ちが分からなくなった