無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

230
2021/04/17

第2話

理由
少しさかのぼり…
桜が満開の頃…
お父さん
カナエ、しのぶ、
カナエ
はーい
しのぶ
はい
お父さん
何してたんだ?
カナエ
しのぶとお花摘み!
しのぶ
……私、花摘みは得意じゃないのに
カナエ
あら得意不得意なんてないわよ
しのぶ
でも私花かんむりなんて作れない
そう言ってしのぶはぐちゃぐちゃの花かんむりをだした
カナエ
ほら上手じゃない
お父さん
上手いぞ
しのぶ
しのぶ
……
しのぶ
それより、まだなの?
しのぶ
赤ちゃん
お父さん
さぁな
お父さん
今母さんが頑張ってるところだ
カナエ
楽しみねしのぶ
とうとうあなたもお姉ちゃんよ
しのぶ
うん
そのころ…
お母さん
はぁはぁだれか助けて
鬼が…
お母さん
助産師さんが…
母の目の前で助産師はやられていた。
ぐ~
まだ足りないな
おっ腹に子供いるじゃないか
これは食いごたえがあるなぁ
お母さん
ひっ
その子供鬼に仕立てあげよう
お母さん
この子だけでも
ひっひっひっ
鬼は無理やり母から子供をひきはがすと、子供に自分の血を流し込んだ
お父さん
どうした?
お父さん
うわぁーーーーー
おっ?
お前も食ってやる
悲鳴嶼行冥
はぁ少し遅かったか
ぐはっ
悲鳴嶼行冥
すまない
行冥は子供を抱き上げるとじっと見た
その時行冥は気づけなかった
その子供に鬼の血が入っていることを
カナエ
お父さん?
カナエ
きゃーーーーーーーーーーーーーーーー
しのぶ
どうしたの?
しのぶ
っ…
しのぶは泣き出しそうだった
カナエ
しっしのぶ見ちゃダメ
悲鳴嶼行冥
この家の子か?
悲鳴嶼行冥
この子は無事だそ
行冥は子供をふたりに渡すと歩き出した
カナエ
この子…
しのぶ
私達の…
その後ふたりは悲鳴嶼行冥を追いかけ、鬼の事や、鬼殺隊のことを教わった
その後ふたりは違う育てのところにおくられて、修行を重ねた。そして最終選別も無事生き残ることができた。子供はあなたの下の名前と名付けられ、カナエが責任をもって育てた。
そして、ふたりはあなたの下の名前に鬼の血が入っていることに気づいてしまった
カナエ
あの時は本物の鬼がいたから分からなかったのよ
しのぶ
そんなっ
カナエ
こんなことがバレたら私鬼滅隊をやめることになるわ
それにあなたの下の名前もやられちゃう
しのぶ
隠しましょう
姉さん